コロナ時代の観光体験、MRや低速EVを使った実証実験 奈良・平城宮で実施へ

業界 レスポンス

日本電気(NEC)と凸版印刷、マクニカ、コトバデザインは、ローカル5GやMR (複合現実)を活用した観光体験の実現に向けた実証実験を2月26日から3月1日まで、奈良県の平城宮跡歴史公園にて実施する。(2月22日発表)

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大防止を図りながら集客力向上を目指す「新たな日常」における観光として、屋外の観光資源とICTの融合による新たな観光体験への期待が高まっている。今回の実証では、ローカル5Gを活用し、MRによる新たな歴史文化体験と、自走運転システムを搭載した8人乗り低速EVカーとAI自然会話による新たな園内移動体験を提供する。

平城宮跡歴史公園内の屋外の「復原遣唐使船」を舞台に、ダンサーのパフォーマンスにMRグラスに表示させたCG演出効果を重ね合わせることで舞台風歴史体験を実現する。参加者の位置や移動に合わせた映像表示や、手の動きなどのジェスチャーに合わせた演出映像を参加者全員で共有できる。

また、平城宮跡歴史公園の交通ターミナルを約5分間で周回する自動運転低速EVカート車内にAI自然会話システムを搭載する。手を車両から外に出したり、マスクを外して乗車した場合、車内映像をもとにAIが注意アナウンスする。参加者と対話し、参加者の関心に合った解説や案内を行う。

  • レスポンス編集部
  • 8人乗り自動運転低速EVカート《画像提供 マクニカ》
  • AIコンダクターとの対話《画像提供 マクニカ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ