タイムズ、カーシェア料金を4月1日より改定 6時間超の利用で平均28%値下げ

業界 レスポンス

タイムズモビリティは、4月1日のカーシェアリングサービス名称変更を機に、「タイムズカー」の料金体系を一部改定。6時間を超える長時間の利用料金を平均28%値下げする。

タイムズカーは会員登録をすれば、24時間365日いつでもクルマを利用できるカーシェアリングサービス。レンタカーのように店舗で手続きをする必要がないため、出発時刻や帰着時刻を気にすることなく借りられる等の利便性の高さが支持され、現在では約153万人の会員が利用。4月1日より名称を従来の「タイムズカーシェア」から「タイムズカー」に変更する。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大以降、都市部・住宅街などを中心に密を避けた移動手段として公共交通機関の代わりにカーシェアを利用するなど、ニーズがさらに高まっている。今回の料金改定では、配備車両が最も多いベーシッククラス(15分220円)の場合、現行に比べ36時間で約3000円、72時間で約6000 円の値下げ。高まる利用ニーズに対応するため、車両配備や拠点の拡大を図るとともに、料金改定を行うことにより、これまで以上に活用しやすい環境を提供する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ