オートロックマンションでの「置き配」に対応…デジタルキーを活用 ヤマト運輸

業界 レスポンス

ヤマト運輸は2月24日、宅配便の再配達削減に向けてオートロックマンション住民に、安心な自宅前などの置き配を提供するため、デジタルキーを活用した新機能を「EAZY」に追加すると発表した。

今回追加する機能はマンションの居住者がインターネット通販事業者向けの配送商品「EAZY」利用時、玄関ドア前などの「置き配」を指定すると、配達員が持つスマートフォンの専用アプリに、エントランスのオートロック解錠に必要なワンタイムパスワードが発行される。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大によってインターネット通販需要が増加しているのに加え、個人のライフスタイルに沿った受け取りニーズの多様化を背景に、置き配による荷物の受け取りを希望する人が増加している。ヤマトグループでは、2020年6月24日に「EAZY」を投入し、対面に加え、自宅前などの置き配に対応するとともに、配達直前まで受け取り場所の変更が可能など、荷物受け取りの利便性向上に取り組んできた。

オートロックマンションでの受け取りの場合、置き配を希望しても、宅配BOXがいっぱいのケースや、本人が不在でオートロックが解錠できないケースもある。

今回、オートロックマンションでも置き配など多様化する受け取りニーズに応えるため、複数社のデジタルキーを同時に管理できるマルチデジタルキープラットフォームを開発した。配達情報と連動したデジタルキーによるオートロック解錠が可能なセキュリティの高い機能を「EAZY」に追加した。

今後、実用実験を進め、複数社が提供するデジタルキーと連携して早期の全国展開を目指す。3月上旬から東京都内において、複数のデジタルキーを対象に実験を開始し、2021年度中に全国約1万棟での展開を目標とする。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ