「BMWモトラッドデイ2021」中止…新型コロナの影響

モーターサイクル レスポンス

BMWの二輪部門のBMWモトラッド(BMW Motorrad)は2月25日、「BMWモトラッドデイ2021」を中止すると発表した。

BMWモトラッドデイは、BMWグループの最大かつ最も国際的な顧客イベントのひとつだ。毎年開催されており、世界中から4万人を超えるファンが参加している。

BMWモトラッドは当初、BMWモトラッドデイ2021を、ドイツ・ベルリンで開催する予定だった。2021年のBMW モトラッドデイは20周年の節目になることから、BMWモトラッドの生産拠点のあるドイツ・ベルリンが開催地に選ばれていた。

しかし今回、BMWモトラッドデイ2021の中止が決定した。その理由は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の影響。BMWモトラッドによると、現在の状況と新型コロナウイルスを抑え込むための幅広い対策を考慮して、中止を決めたという。

BMWモトラッドは、2022年7月の「BMWモトラッドデイ2022」において、すべてのゲストとファンに再び会えることを楽しみにしている、としている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ