ナビタイム、コミュニティバスカバー率100%達成

テクノロジー レスポンス

ナビタイムジャパンは3月2日、7つのコンシューマー向けナビゲーションサービスや法人向け「ナビタイムAPI」で全国すべてのコミュニティバス情報に対応したと発表した。コミュニティバスカバー率100%達成は日本で初めて。

同社は2006年3月にバスのルート検索機能を提供して以来、バスの情報拡充を進め、2018年2月には全国の路線バスのカバー率100%を達成した。

今回、全国の路線バス511社に加えてコミュニティバス1170自治体にも100%対応した。これによって路線バスだけでは網羅しきれなかった生活路線や観光エリア循環路線もカバーし、地域に密着したルート検索ができるようになったとしている。

同社では、バスの利用促進、路線沿線地域の活性化、今後の日本人観光客や訪日外国人の受入整備に貢献していくとしている。

今後、MaaS(モビリティアズアサービス)領域で社会課題の解決に取り組む事業者に対して ナビタイムジャパンの交通データや経路探索技術の提供・連携を通じて、 最適な移動を支援することにつなげていく。

  • レスポンス編集部
  • ナビタイム経路検索のイメージ《画像提供 ナビタイムジャパン》
  • コミュニティバスのカバー率100%達成《画像提供 ナビタイムジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ