ヤマハ トリシティ125、2021年モデル発売へ 新色イエローを追加

モーターサイクル レスポンス

ヤマハ発動機は、フロント二輪のオートマチックコミューター『トリシティ125』『トリシティ125 ABS』のカラーリングを変更し、2021年モデルとして4月8日より発売する。

トリシティ125はフロント二輪、リア一輪のLMW(Leaning Multi Wheel)機構を採用するコミューターモデル。最高出力12ps、最大トルク12Nmを発生する124cc BLUE COREエンジンを搭載し、ゆとりのある乗り心地やスムーズなハンドリングを実現する。

新色はフロント2輪の軽快さと楽しさを引き立てる鮮やかな「イエロー」。「マットグレー」と「ホワイト」は継続販売とし、両モデルともに3色展開となる。

価格はトリシティ125 ABSが46万2000円、トリシティ125が42万3500円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ヤマハ トリシティ125(マットグレー)《写真提供 ヤマハ発動機》
  • ヤマハ トリシティ125(ホワイト)《写真提供 ヤマハ発動機》
  • ヤマハ トリシティ125(イエロー)《写真提供 ヤマハ発動機》
  • ヤマハ トリシティ125(イエロー)《写真提供 ヤマハ発動機》
  • ヤマハ トリシティ125(イエロー)《写真提供 ヤマハ発動機》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ