いすゞ エルフ 改良新型発売、交差点警報を搭載…国内小型トラック初

新車 レスポンス

いすゞ自動車は、『エルフ』に国内小型トラック初の交差点警報を搭載し、3月3日より販売を開始した。

今回の改良では、直線路走行中に横断歩行者と接触する事故に次いで多発している、交差点右左折時における事故抑制のため、国内小型トラック初となる交差点警報を採用した。広角の近距離ミリ波レーダーをキャブ前面2か所に設置し、交差点右左折時の横断歩行者や自転車、見通しの悪い丁字路・幹線道路沿いの駐車場発進時に側方から走行してくる自動車やバイクを検知。衝突の危険性が高まると車内ピラーに内蔵された警告灯、および警報音でドライバーへ注意喚起する。

さらに、事故の約6割を占める、夜間の横断歩行者との接触事故を抑制するためヘッドランプおよびフォグランプをLED化。夜間や悪天候時の視認性を高めるとともに、省電力性へも配慮した。このほか、高度OBD、後写鏡、後部突入防止装置等の各種規制強化への対応も実施している。

価格は平ボディ(標準キャブ 2WD 3トン積、標準ホイールベース、SGグレード、4JZ1-TCS150psエンジン、6速MT)が486万円など。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 交差点警報(イメージ)《写真提供 いすゞ自動車》
  • いすゞ エルフ《写真提供 いすゞ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ