住友ゴム、2021年度モータースポーツ活動計画を決定…国内外の幅広いカテゴリーでタイヤ供給

モータースポーツ レスポンス

住友ゴム工業は、2021年度のモータースポーツ活動計画を決定。今年も国内外の幅広いカテゴリーでタイヤ供給を行い、ダンロップ、ファルケンブランドの価値向上とタイヤ開発力の強化を目指す。

ダンロップブランドは、SUPER GT GT500クラスで、これまでの「Modulo Nakajima Racing」に「TEAM RedBull MUGEN」が加わり2台に、GT300クラスでも新たに2台にタイヤを供給し、6チーム計7台をサポート。その他、全日本ラリー選手権、全日本ジムカーナ選手権、全日本ダートトライアル選手権、全日本カート選手権など、幅広いカテゴリーでタイヤを供給し、各クラスでタイトル獲得を目指す。

また、多くの人に開かれたスポーツとして楽しんでもらうために、2020年からスタートしたフォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップをはじめ、FIA-F4選手権、F4選手権、参加型競技のVITAレース、ミニ チャレンジ ジャパンなどにワンメイクタイヤ供給を行う。さらに、今年から参加型競技のVITAレースおよびミニ チャレンジ ジャパンの全レースにワンメイクタイヤの供給を開始。アマチュアドライバーも参戦するトヨタGAZOOレーシング 86/BRZレース、トヨタGAZOOレーシング ラリーチャレンジへの協賛およびタイヤの供給も継続する。

ファルケンブランドは、ニュルブルクリンク24時間レースに参戦。昨年に引き続き「FALKEN Motorsports」として、ポルシェ「911 GT3R」2台体制で総合優勝を目指す。欧米を中心に高い評価を得ているファルケンブランドのさらなる価値向上を目指す。

二輪モータースポーツでは、ダンロップがロードレース世界選手権の「Moto2」および「Moto3」クラスにワンメイクタイヤ供給を行う。また世界耐久選手権シリーズでは3チームにタイヤを供給。12年連続全階級制覇を達成したAMAスーパークロスでは、今年も全階級制覇を目指すとともに、モトクロス世界選手権でのチャンピオン獲得も目指す。

国内では、全日本ロードレース選手権をはじめ、さまざまなカテゴリーにてライダーをサポート。また、NSF100 HRCトロフィーのジュニアチャンピオンシップクラスに始まり、世界的に人気の高い250cc車両による育成型レースにワンメイクタイヤを供給することで、日本から世界に通用するライダーを育てるための環境づくりに取り組む。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • FALKEN Porsche 911 GT3R《写真提供 住友ゴム工業》
  • 2020年「FIM世界耐久選手権」の様子《写真提供 住友ゴム工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ