ダンロップ、SUPER GTのサポート強化…6チーム7台に供給

モータースポーツ レスポンス

住友ゴム工業は、4月10日に岡山国際サーキットで開幕するSUPER GT 2021シリーズにおける、ダンロップとしてのサポートを強化すると発表した。

今年は、GT500クラスで「TEAM Red Bull MUGEN」が新たに加わり、2チームにタイヤを供給。GT300クラスでも新たに1チームに供給を開始し、両クラス合わせて6チーム7台で各クラスのチャンピオン獲得を目指す。

同社がGT500クラスの複数チームにタイヤを供給するのは2010年以来。15年以上継続してサポートしている「Modulo Nakajima Racing」に、新たに「TEAM Red Bull MUGEN」のホンダ NSX-GTが加わり、2チーム2台に供給する。テストやレースにおける評価データを増やし、開発スピードを加速させることで優勝を狙う。

さらにGT300クラスでは、「GAINER」、「R&D SPORT」、「K-tunes Racing」に加え、今年から「LM corsa」と「GAINER」の追加1台を合わせた4チーム5台に供給する。GT300クラスでの5台供給は2006年以来15年ぶり。これまで同クラスでの同社タイヤ使用チームは安定した上位争いを展開してきたが、サポート層を厚くすることで、さらなる結果に繋げていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • GT500クラス車両(16号車)
  • GT300クラス車両(11号車)
  • GT300クラス車両(61号車)
  • GT300クラス車両(96号車)
  • GT300クラス車両(10号車)
  • GT300クラス車両(60号車)
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ