米三菱、24時間営業のデジタルショールーム発表…新車購入プロセスを簡単に

テクノロジー レスポンス

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の米国部門は3月8日、24時間営業のデジタルショールーム、「ClickShop」を発表した。

今回の発表は、自動車の購入体験を顧客にとってより速く、楽しいものにするという三菱のビジョンの一環になる。ClickShopを使えば、新しい三菱車を購入するのは非常に簡単になるという。

ClickShopを使用すると、顧客は地域のディーラーでリアルタイムの在庫を閲覧できる。支払いや税金、下取り車の査定をはじめ、利用可能なインセンティブを適用するなど、新車購入プロセスがネット上で進められる。これは、顧客にとって、車を探すために複数のディーラーを訪問する必要がなくなり、新車購入を完了するためにディーラーで過ごす時間が大幅に短縮されることを意味するという。

ClickShopは、大手デジタル小売ソリューションプロバイダーの「Motoinsight」と提携して開発された。三菱自動車は、メーカーのウェブサイトから直接、販売ネットワークに移動でき、デジタルで新車購入が行える。これにより、顧客は自分のスマートフォンやタブレット端末、パソコンから、自分の地域のすべての在庫を見ることができる。また、取引のロックを解除するために連絡先情報を送信する必要もないという。

三菱自動車とMotoinsightは、自動車購入プロセスに対する不必要で煩わしい障壁を打ち破り、よりシームレスなエクスペリエンスを顧客に提供することを最終目標として、システムの機能充実を図っていく、としている。

  • 森脇稔
  • 三菱 アウトランダー 新型(北米仕様)《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱 アウトランダー 新型(北米仕様)《photo by Mitsubishi Motors》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ