三菱自動車、欧州でルノーからのOEM供給…2023年より2車種

業界 レスポンス

三菱自動車は3月10日、欧州市場にて、アライアンスパートナーであるルノーからOEM供給を受けることを決定した。

三菱自動車は、2023年を目途にルノーから2車種のOEM供給を受け、欧州の一部市場にて同社の販売ネットワークを通じて販売する予定。具体的な販売国、およびOEM供給の対象となるモデルについては検討中としている。

同社の欧州事業は、2020年7月に発表した中期経営計画における「選択と集中」の戦略に沿い、構造改革を進めている。すでに欧州市場に向けた新型車の開発は凍結し、研究開発費は重点市場であるアセアン等を重視した技術開発に集中。構造改革の一環として、販売価格適正化、物流や固定費の改善、その他業務の効率化に取り組んでいる。さらに2023年を目途に一部欧州市場における新車販売事業から撤退も決定した。

今回決定したルノーからのOEM供給は、こうした欧州事業構造改革の一環。同社は収益性改善の戦略を維持しながら、欧州市場の顧客ニーズに応えていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ