「タイヤ内にボール型センサを入れるだけ」簡単設置の空気圧モニタリングシステム発売へ

業界 レスポンス

PIAAは世界初となるボールタイプのTPMS(タイヤ空気圧モニタリングシステム)「エアボールTB」の販売代理店を開始。3月末(予定)より、法人向けに販売を開始する。

TPMSはタイヤ内の空気圧と温度をセンサーで監視し、異常があった場合、瞬時に液晶モニター画面に点滅とアラーム音で警告。タイヤバーストや車両火災などを未然に防ぐほか、空気圧の維持により、燃費向上やタイヤ摩耗の低減にも貢献する。

既存のTPMSは、エアバルブ一体型のセンサーや、ホイールのリムにセンサーを金属製バンドで巻き付けて固定するタイプが主流。エアバルブ一体型は、タイヤの脱着時にセンサー部分を破損させてしまうおそれがあったり、リムにセンサーを固定するタイプは、ホイール1本1本にセンサーを固定する作業に時間を要するものだった。

エアボールTBは、ボール型センサーをタイヤとホイールの隙間から入れるだけで取り付け完了。センサーからBluetoothで専用の液晶モニターにデータを送信する。日本国内の電波法に準拠した技適マーク付きの安心設計。価格はオープン。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ