沖縄でMaaS実証実験---全域に拡大して第2弾 ゼンリンなど開始

業界 レスポンス

ゼンリンは3月17日、企業4社と沖縄県の7自治体で構成する沖縄MaaS事業連携体のメンバーとして沖縄全域における観光型MaaS(モビリティアズアサービス)の実証事業第2フェーズを同日から開始したと発表した。

沖縄MaaSは、国土交通省の「2020年度日本版MaaS推進・支援事業」に採択された実証事業で、沖縄全域のモノレール、バス、船舶などの乗車券や観光/商業施設が連携するサービス。2020年12月23日から一部事業者のチケットを電子化したサービスを第1フェーズとして開始した。

今回の第2フェーズではサービス提供地域を沖縄全域に拡大するとともに、新たに検索、地図サービス機能などを加え、快適な移動を支援する。

第2フェーズのMaaSアプリでは、ルート検索の目的地設定時に、場所・目的地検索や、地図上からの選択が可能となる。目的地までのルート検索結果表示に加え、検索結果に関連するお得なチケットがある場合は表示され、チケット購入画面のリンクから購入できる。

ゼンリンはMaaSサービスで取集されるさまざまな移動データをゼンリンの保有する地図情報に重畳し、詳細な交通ネットワークに紐づけることで、地域ごとに異なる交通課題の可視化、地域に合わせた移動の最適化を目指す。

  • レスポンス編集部
  • 沖縄MaaSアプリのイメージ《画像提供 ゼンリン》
  • 今後の展望《画像提供 ゼンリン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ