三菱自動車、タイ生産工場で累計600万台達成

業界 レスポンス

三菱自動車は3月17日、タイにおける生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)が累計生産台数600万台を達成したと発表した。

MMThからの車両の輸出先は世界120か国以上に及び、600万台のうち440万台がタイ国外に輸出されている。今回600万台目に生産されたのは1トンピックアップトラック『トライトン』だった。

三菱自動車は1961年にタイで操業を開始し、今年で60周年。2003年に100万台、2010年に200万台、2013年に300万台、 2015年に400万台、2018年に500万台の生産を達成した。

MMThは、タイ政府による後押しもあり、アセアンにおける同社最大の輸出拠点となった。トライトンや『ミラージュ』などに加え、『アウトランダーPHEV』初となる海外生産を昨年末より開始。今後も魅力ある商品を投入していく計画だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ