レンジローバー、限定7台の特別仕様…SVOデザインパック装備

新車 レスポンス

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリーSUVのランドローバー『レンジローバー』(Land Rover Range Rover)に特別仕様車「SVOデザインエディション 2021」を設定し、7台限定で3月19日より受注を開始した。

SVOデザインエディションはこれまでも2017年および2019年に限定15台で発売。第3弾となる今回は、5.0リットルV型8気筒スーパーチャージドガソリンエンジンを搭載した『レンジローバー・ヴォーグ』をベースに、ランドローバーの高性能モデルやビスポークオーダーを専門に手がけるスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が設計・開発したボディキット「SVOデザインパック」を装備する。

サントリーニブラックのエクステリアカラーに、フロントバンパー、フロントグリル、サイドベント、サイドシルクローティング、リアバンパー(インテグレーテッドテールパイプ)からなる「SVOデザインパック」を組み合わせて、全体をブラックで統一。さらにシャドーアトラスのアクセントを随所に施し、重厚感のあるスタイルを際立たせている。

インテリアカラーにはエボニーを採用し、グランドブラックのパネルや、ステアリングホイールにウッドとレザーの素材を組み合わせ、シックで落ち着いた空間を演出する。イルミネーション付メタルトレッドプレートには「RANGE ROVER」スクリプトが刻まれ、さらに20ウェイ電動シート(前席ヒーター&クーラー、後席電動リクライニング&ヒーター)や空気イオン化テクノロジー(PM2.5フィルター付)などを搭載。また、ヘッドアップディスプレイやドライバーアシストパックなど、ドライバー支援システムも充実している。

価格は2100万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ