ドゥカティが2年ぶりに減益、新型コロナの影響 2020年通期決算

モーターサイクル レスポンス

ドゥカティ(Ducati)は3月18日、2020年通期(1〜12月)の決算を発表した。

同社の発表によると、2020年通期の売上高は6億7600万ユーロ(約880億円)。前年の7億1600万ユーロに対して5.6%減と、2年ぶりに前年実績を下回った。また、2020年通期の営業利益は、2400万ユーロ(約31億円)。前年の5200万ユーロに対して53.9%減と、2年ぶりの減益となっている。これは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の影響だ。

2020年の世界新車販売台数は4万8042台。前年比は9.7%減と、2年ぶりに前年実績を下回った。市場別の2020年の販売実績では、イタリア本国が過去最高の7100台を売り上げた。ドイツも6.7%増の5490台と好調。スイスも11.1%増と伸びる。

中国では2020年、4041台のモーターサイクルを販売。前年比は26%増と2桁増を達成した。一方、日本は2020年、1689台にとどまった。前年比は10%減と、2年連続で前年実績を下回った。

車種別の2020年の販売実績では、『スクランブラー』が9265台のセールスを記録して、製品ファミリーとして最も多く販売されたモデルとなった。『ストリートファイターV4』は5730台を販売して、セグメントのベストセラーモデルとなっている。

  • 森脇稔
  • ドゥカティ・ストリートファイターV4S《photo by Ducati》
  • ドゥカティ・ムルティストラーダ《photo by Ducati》
  • ドゥカティ・パニガーレ・シリーズ《photo by Ducati》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ