ボルグワーナー、電動車事業からの収益を45%に引き上げ…2030年までに

業界 レスポンス

ボルグワーナー(BorgWarner)は3月23日、電動化戦略を加速し、電動車に関する事業からの収益を、2030年までに約45%に引き上げる目標を発表した。

ボルグワーナーのこの目標は、今回発表されたプロジェクト「CHARGING FORWARD」の一環となる。ボルグワーナーは現在、電動車からの収益が3%未満にとどまっている。これを2030年までに、総収益の約45%に引き上げる計画だ。

この計画は、3つの柱で構成されている。量産効果によって電動車向け事業の収益性を高めること、商用車の電動化の拡大、燃料エンジン事業の最適化だ。

ボルグワーナーはEV向けに、高出力インテグレーテッド・ドライブ・モジュール(iDM)を生産するなど、電動車事業を強化している。

ボルグワーナーは、2035年までにカーボンニュートラルを達成するというコミットメントを含め、クリーンでエネルギー効率の高いビジョンを実現することを目指す、としている。

  • 森脇稔
  • ボルグワーナーの電動車向け新型モーター《photo by BorgWarner》
  • ボルグワーナーのEV向けトルクベクタリング・デュアルクラッチシステム《photo by BorgWarner》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ