ニューノーマル時代、国内旅行は「クルマ旅」がトレンドに…SUBARU レヴォーグ調べ

業界 レスポンス

SUBARU(スバル)は、ウィズコロナ時代のおでかけ・旅行における新たな形やニーズを顕在化するため「クルマ旅」に関する調査を実施。3人に1人が旅行の際、車の利用が増えたと回答した。

調査は全国の20〜60代男女を対象に2020年2月、インターネットリサーチで実施。800名から得た有効回答をまとめた。

調査結果によると、コロナ禍における移動手段のトップは「自家用車」(93.9%)、以下、「徒歩」(44.4%)、「電車」(32.8%)、「自転車」(27.0%)、「バス」(11.5%)、「タクシー」(9.3%)の順。不特定多数が使用する公共交通機関と比べ、プライベートな空間を保つことができる「自家用車」の利用意向が増えていることが分かる。おでかけ・旅行シーンでも約3人に1人が、コロナ前に比べて「車での移動が増えた」と回答。その理由として「人との接触が少なく安全だから」と答えた人が81.5%と最も多く、感染対策を考慮した回答が見受けられる結果となった。

次に、「コロナ対策がしっかりと行われていたら家族とおでかけや旅行をしたいと思うか」との質問には、83.3%が「したい」と回答。また、行き先を検討する際に考慮することの1位は「不特定多数が集まる場所ではない」(54.5%)、2位は「ソーシャルディスタンスが保たれる」(48.4%)、3位は「消毒などのコロナ対策が徹底されている」(47.3%)と、コロナ対策に重きをおいた回答が、距離や予算などより上位を占めた。

車を使ったおでかけや旅行の形態については、「県またぎ×宿泊」が45%と最も高く、離れた場所でゆっくりと過ごしたいと考える意向が伺えた。今までに車を使ったおでかけや旅行で行ったことがある行き先については、「温泉」や「テーマパーク」「水族館」など従来から人気の高い行き先がランクインしていたのに対し、コロナ禍において今後“クルマ旅”でしてみたいこととして”ドライブスルー・ツーリズム“や“キャンプ”などの意見があがり、自然意向や行き先に縛られない自由な新しい形の旅の需要が高まっていることが分かった。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 車移動が増えた理由《図版提供 SUBARU》
  • コロナ禍で家族とお出かけや旅行をする際、車での移動が増えた《図版提供 SUBARU》
  • 車を使ったお出かけや移動の際、今までしていたこととこれからしてみたいこと《図版提供 SUBARU》
  • コロナ禍においてあなたが利用する移動手段として当てはまるものを全てお選びください《図版提供 SUBARU》
  • あなたがコロナ禍でおでかけや旅行を検討する際、行き先の条件として考慮することは何ですか?《図版提供 SUBARU》
  • 車を使ったおでかけや旅行で希望する行先として、最もあてはまるものを一つお選びください《図版提供 SUBARU》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ