豊田通商、ケニアで新型ハイラックスのラインオフ実施

業界 レスポンス

豊田通商は、ケニアで販売しているピックアップトラック、トヨタ『ハイラックス』のモデルチェンジを実施、生産委託先であるAssociated Vehicle Assemblers Ltd. (AVA)にてラインオフを実施した。

豊田通商はAVAにて、『ランドクルーザー』および『日野トラック』に加えて、2019年10月25日から『ハイラックス』のノックダウン(車両組み立て)生産を開始し、ケニア国内で販売。安定した経済情勢による堅調な需要を背景に、生産開始以降のハイラックス生産台数は約1000台となっている。

新型ハイラックスは「Tough & Recreational」のデザインコンセプトをもとに、ピックアップトラックとしてのタフさ・力強さと、乗ってワクワクする楽しさを表現するシルエットに変更。またエンジンの改良、リアコンビネーションランプのLED化、新LSD機能追加による安全機能の充実など、各性能の強化を図った。

2019年1月にトヨタ自動車からアフリカにおける営業業務の全面移管を受けた豊田通商は、アフリカでの取り組みを一層強化。積極的なノックダウン生産の拡大を通じて、現地雇用の創出と製造業の発展への貢献を目指す。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • Associated Vehicle Assemblers Ltd. の組み立て生産ライン《写真提供 豊田通商》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ