デンソーテン、ドラレコ活用の「安全運転管理テレマティクスサービス」に新機能を搭載

テクノロジー レスポンス

デンソーテンは、法人向け通信型ドライブレコーダー「G500Lite」を活用した「安全運転管理テレマティクスサービス」に新機能を搭載し、3月29日より提供を開始した。

安全運転管理テレマティクスサービスは、社有車や営業車を管理している企業にて、安全運転の「計画」「記録」「解析」から「教育・学習」までをトータルでサポート。データ収集・分析などを自動化することで、運用の手間やコストをかけずに効率的な安全運転指導が可能となり、簡単・リーズナブルに安全運転管理を行うことができる。

新機能では、クラウドサーバに送信された映像に対して、ディジタルメディアプロフェッショナルのAI画像認識ソフトウエアサービス「ZIA Cloud SAFE」を利用し、顔の向きや目線などを画像解析。長年蓄積した膨大な実際の事故データに基づき、AIがヒヤリハット映像を高精度で判別する。さらに今回は、車室内カメラに映るドライバーの動作についても同様にAIを活用。ドライバーの脇見・スマートフォン操作による片手運転などの「ながら運転」「居眠り運転」を高い精度で自動検知する。

また、ドライブレコーダーで記録された走行データをもとに、ナビタイムジャパンが提供する「NAVITIME運転分析API」と連携し、同社クラウドセンターで速度超過、通行禁止箇所侵入、踏切不停止、一時不停止が発生した可能性のあった場面を自動で検出する。違反の疑いがあった発生日時、内容、件数のほか仮想的な違反点数や反則金を一覧表示。検出数などをもとにドライバーのランキングを表示するため、検出が頻発しているドライバーを容易に特定。また検出時の映像取得が可能で、映像をエビデンスに安全運転教育ができる。

今回、新たな機能を追加することで、管理者は映像を用いてより具体的で効率的な安全運転指導を事後的に行うことが可能になり、事故予防だけでなく、ドライバーに対する法令遵守への習慣づけにつながる。なお、新機能は既に導入している企業も買い換えなしに利用できる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 道路交通法遵守を可視化《写真提供 デンソーテン》
  • 表示画面イメージ《写真提供 デンソーテン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ