5G高速通信に成功…複数の高速走行車でミリ波 NTTドコモ

テクノロジー レスポンス

NTTドコモは3月30日、90km/h以上で高速走行する複数の実験用5G通信端末に複数の実験用5G基地局を連携させ、基地局を瞬時に切り替える実証実験に成功したと発表した。

実証実験では、通信端末2台に対して通信効率として台当たり4ビット/秒/Hz超を達成した。例えばドコモが5Gで商用サービスを提供している28GHz帯の400MHzの帯域幅を利用した場合、下り最大1.6Gbps相当となり、ミリ波を用いた安定した高速5G通信に成功した。これによて高速移動中でも安定的、高速な5G通信の実現につながり、5Gの高度化が見込まれる。

実証実験は2月20日〜3月6日に、茨城県の自動車走行のテストコースで実施した。コースに5G基地局3局を約200m間隔で設置し、通信端末を搭載した2台の測定用車両を90km/hから120km/hで並走させ、通信する5G基地局を高速移動環境でスムーズに切り替えながら、複数の通信端末で安定した高速通信の実現性を検証した。

  • レスポンス編集部
  • 実証実験の模様と構成《画像提供 NTTドコモ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ