ダイハツ ブーン 一部改良…全グレードで安全装備強化、ボディカラーに新色設定

新車 レスポンス

ダイハツは、小型乗用車『ブーン』を一部改良、全グレードで安全装備を強化し、4月1日より販売を開始した。

ブーンはダイハツが軽自動車で培ってきた技術やノウハウをコンパクトカーに展開し、スマートかつ上質なデザインで幅広い層から支持を得ている。2016年に現行モデルとなる3代目を発売。「ブーン」「ブーン シルク」に加え、2018年には「ブーン スタイル」を設定し、3つのデザインから好みのスタイルを選択できる。

今回の一部改良では、グレード体系を整理し、全グレードにスマートアシストとオートライトを標準装備。また、「X LパッケージSA III」にLEDヘッドランプを標準装備するなど安全性を向上させた上で一部装備を見直し。据え置きながら購入しやすい価格設定とした。ボディカラーも一部変更。新たにターコイズブルーマイカメタリックを追加した。

価格は126万5000円から192万6100円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 【ボディカラー モノトーン】以下を新設定および追加設定《図版提供 ダイハツ工業》
  • 【ボディカラー 2トーン】以下を新設定および追加設定《図版提供 ダイハツ工業》
  • メーカー希望小売価格《図版提供 ダイハツ工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ