シトロエン・ベルランゴとプジョー・リフターのキャンパー仕様、ホワイトハウスが披露…ジャパンキャンピングカーショー2021

新車 レスポンス

発売されるや大人気となったシトロエン『ベルランゴ』と、プジョー『リフター』にポップアップルーフを装着したキャンパー仕様車が、ホワイトハウスから登場。「ジャパンキャンピングカーショー2021」で初披露された。アウトドア派に魅力的な両車を紹介する。

ホワイトハウスはこれまでにトヨタ『ハイエース』からホンダ『N-VAN』にいたる幅広い車種を対象に、多くのキャンピング仕様車を提供してきた。中でも同社はフランス車であるルノー『カングー』をベースとしたキャンピングカーを開発し、他社にないラインナップを提供する実績を持つことでも知られる。

そして今回、新たにポップアップルーフを搭載したキャンピングカー仕様車としてシトロエン・ベルランゴ「キャンパー・ソレイユ」と、プジョー・リフター「キャンパー・シエル」をラインナップに加えることになった。両車はカングーよりひとまわり大きいボディサイズで両側スライドドアを備え、多彩なシートアレンジを活かした広大な荷室が特徴となる。

ポップアップルーフは手動で持ち上げるだけでロフトになる簡単さで、ポップアップルーフ内で展開されるベッドサイズは1100mm×1900mmと大人2人がゆったりと横になれる広さ。プライバシー保護のため、全ての窓に車両専用の遮光シェードを装着済みなのもうれしい。

一方、下のフラットベッドは収納性と利便性を兼ね備えた着脱可能となっていて、サイズは1170mm×1800mmと十分。ベッドの下にはスライト式の収納ボックスも装備される。また、このスライドボックスにはオプションとしてスライド式アウトギャレーを装備することも可能。リアゲートを開けば調理から食事をする時のテーブルとしても使えるようになり、様々なシーンで重宝することだろう。

空調としては暖房用に微量のガソリンを燃焼させてサブバッテリーにより作動する「エアヒーター」を装備し、エンジン停止中であっても室内フル暖房を可能とした。動作中も排気ガスは僅かで、ベッドルームには排気のためのダクトも用意されている。さらにスライドドアとリアゲートには虫除け対策としてモスキーネットを装備。夏の夜間や睡眠時も自然換気によって快適に過ごせそうだ。

また、すべての窓にはプライバシー保護用として遮光シェードを装着することが可能で、この装備により安心して着替えや車中泊ができるようになる。なお、ベースグレードで両車の装備は異なるが、キャンピングカーとしての新たな装備については両車共に共通。また、ルーフをポップアップ仕様としたことで、車両登録時は構造変更を事前に申請するが登録は3ナンバーのままになる。

車両価格はグレードやポップアップルーフ有無などの装備品によって異なるが、ベルランゴ・ソレイユが367万7500〜449万3500円、リフター・シエルが389万7500〜471万3500円となっている。

  • 会田肇
  • ポップアップルーフを装備したシトロエン・ベルランゴ・キャンパー・ソレイユ《写真撮影 会田肇》
  • キャンパー・ソレイユのフロアベッド《写真撮影 会田肇》
  • オプションでスライド式アウトギャレーを装備できる《写真撮影 会田肇》
  • スライドドアとリアゲートには虫除け対策としてモスキーネットを装備《写真撮影 会田肇》
  • 車内の暖房に効果的な「エアヒーター」のコントローラー《写真撮影 会田肇》
  • 微量のガソリンを燃焼させてサブバッテリーにより作動する「エアヒーター」《写真撮影 会田肇》
  • プジョー・リフター・キャンパー・シエル《写真撮影 会田肇》
  • プジョー・リフター・キャンパー・シエル《写真撮影 会田肇》
  • プジョー・リフター・キャンパー・シエル《写真撮影 会田肇》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ