あこがれの充実装備キャンパー “キャブコン”22台を一気見せ!…ジャパンキャンピングカーショー2021[フォトレポート]

モーターショー レスポンス

一般のユーザーが思い浮かべるキャンピングカーがこのキャブコン(キャブコンバージョン)と呼ばれるカテゴリーだろう。

トラックのシャーシの上にキャンパーシェルを架装したりフレームを設置するスタイルで、任意のサイズのキャンピングカーの空間を作ることができるのが魅力。

トヨタの『カムロード』をベースにした車両が多いが、『ハイエース』や日産『NV350キャラバン』をベースにして架装したキャブコンも存在する。トラックベースに比べて乗り心地や運動性能を求めるユーザーに受けているモデル群だ。

キャブコンは、架装するキャンパーシェルは各メーカーのオリジナルで、サイズや形状はまちまち。そのため全長などのボディサイズはもとより、出入り口の場所やバンクベッド(運転席上に張り出した天井部分)のサイズ&形状、さらには天井の高さなどはモデルごとにそれぞれ個性がある。そのため乗車人数やキャンピングスタイル、積載量などを鑑みてモデル選びができる。このセレクト幅の広さも多彩なレイアウトや仕様が用意されているキャブコンならではの魅力。余裕のスペースでゆったりとキャンプするには絶好のモデルと言えるだろう。

(ジャパンキャンピングカーショー2021)

  • 土田康弘
  • 東和モータース販売が出展したヴォーンEXCLUSIVE Li。カムロードベースのキャブコンで後部のダイネットに加え2段ベッドとバンクベッドを備えた仕様。《写真撮影 土田康弘》
  • 東和モータース販売が出展したヴォーンEXCLUSIVE Li。カムロードベースのキャブコンで後部のダイネットに加え2段ベッドとバンクベッドを備えた仕様。《写真撮影 土田康弘》
  • 東和モータース販売が出展したヴォーンEXCLUSIVE Li。カムロードベースのキャブコンで後部のダイネットに加え2段ベッドとバンクベッドを備えた仕様。《写真撮影 土田康弘》
  • ヴォーンノイン/DCレイアウト(東和モータース販売)は後部に出入り口を設けたリアエントランスモデル。リアにキッチンを設置したレイアウトが特徴。《写真撮影 土田康弘》
  • ヴォーンノイン/DCレイアウト(東和モータース販売)は後部に出入り口を設けたリアエントランスモデル。リアにキッチンを設置したレイアウトが特徴。《写真撮影 土田康弘》
  • ヴォーンノイン/DCレイアウト(東和モータース販売)は後部に出入り口を設けたリアエントランスモデル。リアにキッチンを設置したレイアウトが特徴。《写真撮影 土田康弘》
  • ダイレクトカーズが新発売したのがTRIPlll。特徴は1105Wの容量のソーラーパネルを装備した点。エアコンなどの便利装備を無理なく使える設計。《写真撮影 土田康弘》
  • ダイレクトカーズが新発売したのがTRIPlll。特徴は1105Wの容量のソーラーパネルを装備した点。エアコンなどの便利装備を無理なく使える設計。《写真撮影 土田康弘》
  • ダイレクトカーズが新発売したのがTRIPlll。特徴は1105Wの容量のソーラーパネルを装備した点。エアコンなどの便利装備を無理なく使える設計。《写真撮影 土田康弘》
  • 伊勢志摩(ダイレクトカーズ)と名付けられたキャブコン。後部に常設の2段ベッド、バンクベッドも備えリビングアレンジ無くても就寝が可能な設定。《写真撮影 土田康弘》
  • 伊勢志摩(ダイレクトカーズ)と名付けられたキャブコン。後部に常設の2段ベッド、バンクベッドも備えリビングアレンジ無くても就寝が可能な設定。《写真撮影 土田康弘》
  • 伊勢志摩(ダイレクトカーズ)と名付けられたキャブコン。後部に常設の2段ベッド、バンクベッドも備えリビングアレンジ無くても就寝が可能な設定。《写真撮影 土田康弘》
  • バンテックのCORDE LEAVES。リアエントランスでコの字形状のリビングが使いやすい。後部のキッチンはリビングと分離されているのも上質。《写真撮影 土田康弘》
  • バンテックのCORDE LEAVES。リアエントランスでコの字形状のリビングが使いやすい。後部のキッチンはリビングと分離されているのも上質。《写真撮影 土田康弘》
  • バンテックのCORDE LEAVES。リアエントランスでコの字形状のリビングが使いやすい。後部のキッチンはリビングと分離されているのも上質。《写真撮影 土田康弘》
  • バンテックのCORDE LEAVES。リアエントランスでコの字形状のリビングが使いやすい。後部のキッチンはリビングと分離されているのも上質。《写真撮影 土田康弘》
  • バンテックのCORDE BUNKS。対面シートのリビングに加え、後部には大型の外収納を備える。バンクベッドも大型でキャブコンの定番的内容。《写真撮影 土田康弘》
  • バンテックのCORDE BUNKS。対面シートのリビングに加え、後部には大型の外収納を備える。バンクベッドも大型でキャブコンの定番的内容。《写真撮影 土田康弘》
  • バンテックのCORDE BUNKS。対面シートのリビングに加え、後部には大型の外収納を備える。バンクベッドも大型でキャブコンの定番的内容。《写真撮影 土田康弘》
  • ASTRARE CC1(バンテック)はNV350をベースにしたキャブコン。エアロフォルムのキャンパーシェルを備えたデザインは秀逸。《写真撮影 土田康弘》
  • ASTRARE CC1(バンテック)はNV350をベースにしたキャブコン。エアロフォルムのキャンパーシェルを備えたデザインは秀逸。《写真撮影 土田康弘》
  • ASTRARE CC1(バンテック)はNV350をベースにしたキャブコン。エアロフォルムのキャンパーシェルを備えたデザインは秀逸。《写真撮影 土田康弘》
  • ZIL Nobleダブルタイヤ(バンテック)は余裕の後部ベッドルームを備えたキャブコン。キッチン装備なども上質で長期滞在にも対応。《写真撮影 土田康弘》
  • ZIL Nobleダブルタイヤ(バンテック)は余裕の後部ベッドルームを備えたキャブコン。キッチン装備なども上質で長期滞在にも対応。《写真撮影 土田康弘》
  • ZIL Nobleダブルタイヤ(バンテック)は余裕の後部ベッドルームを備えたキャブコン。キッチン装備なども上質で長期滞在にも対応。《写真撮影 土田康弘》
  • ナッツのクレソンジャーニー エボライト タイプX。後部に2段ベッドと下部に大型の収納を備えた。レジャーギアなどを積み込むにも便利な仕様だ。《写真撮影 土田康弘》
  • ナッツのクレソンジャーニー エボライト タイプX。後部に2段ベッドと下部に大型の収納を備えた。レジャーギアなどを積み込むにも便利な仕様だ。《写真撮影 土田康弘》
  • ナッツのクレソンジャーニー エボライト タイプX。後部に2段ベッドと下部に大型の収納を備えた。レジャーギアなどを積み込むにも便利な仕様だ。《写真撮影 土田康弘》
  • クレア エボリューション(ナッツ)。リアにダブルベッドを備えたのが特徴のキャブコン。シンプルなギャレーで室内も広々。《写真撮影 土田康弘》
  • クレア エボリューション(ナッツ)。リアにダブルベッドを備えたのが特徴のキャブコン。シンプルなギャレーで室内も広々。《写真撮影 土田康弘》
  • クレア エボリューション(ナッツ)。リアにダブルベッドを備えたのが特徴のキャブコン。シンプルなギャレーで室内も広々。《写真撮影 土田康弘》
  • クレア エボリューション ダブルタイヤ(ナッツ)はリビングと後部ベッドの間にマルチルームを備えた仕様。トイレやクローゼットとして活用できる。《写真撮影 土田康弘》
  • クレア エボリューション ダブルタイヤ(ナッツ)はリビングと後部ベッドの間にマルチルームを備えた仕様。トイレやクローゼットとして活用できる。《写真撮影 土田康弘》
  • クレア エボリューション ダブルタイヤ(ナッツ)はリビングと後部ベッドの間にマルチルームを備えた仕様。トイレやクローゼットとして活用できる。《写真撮影 土田康弘》
  • AtoZが現在開発中なのがAlen H キャブコン。ライトエーストラックをベースにし次世代のミドル・キャブコン。対面リビングや2段ベッド、バンクベッドなどを装備。《写真撮影 土田康弘》
  • AtoZが現在開発中なのがAlen H キャブコン。ライトエーストラックをベースにし次世代のミドル・キャブコン。対面リビングや2段ベッド、バンクベッドなどを装備。《写真撮影 土田康弘》
  • AtoZが現在開発中なのがAlen H キャブコン。ライトエーストラックをベースにし次世代のミドル・キャブコン。対面リビングや2段ベッド、バンクベッドなどを装備。《写真撮影 土田康弘》
  • ファンルーチェのパタゴニアはハイエースをベースにしたキャブコンだ。全長5250mmで室内装備も充実。リアエントランスでリビングの広さも魅力。《写真撮影 土田康弘》
  • ファンルーチェのパタゴニアはハイエースをベースにしたキャブコンだ。全長5250mmで室内装備も充実。リアエントランスでリビングの広さも魅力。《写真撮影 土田康弘》
  • ファンルーチェのパタゴニアはハイエースをベースにしたキャブコンだ。全長5250mmで室内装備も充実。リアエントランスでリビングの広さも魅力。《写真撮影 土田康弘》
  • ファンルーチェのウラルはハイエースベースのキャブコンだ。全長は4820mm。リアには大型の収納を備える(上部はベッド)。《写真撮影 土田康弘》
  • ファンルーチェのウラルはハイエースベースのキャブコンだ。全長は4820mm。リアには大型の収納を備える(上部はベッド)。《写真撮影 土田康弘》
  • ファンルーチェのウラルはハイエースベースのキャブコンだ。全長は4820mm。リアには大型の収納を備える(上部はベッド)。《写真撮影 土田康弘》
  • セキソーボディのTOM200PLUSはハイエースの標準ボディをベースにしたキャブコン。後部スペースを常設ベッドにする。コンパクトなギャレーを備える。《写真撮影 土田康弘》
  • セキソーボディのTOM200PLUSはハイエースの標準ボディをベースにしたキャブコン。後部スペースを常設ベッドにする。コンパクトなギャレーを備える。《写真撮影 土田康弘》
  • セキソーボディのTOM200PLUSはハイエースの標準ボディをベースにしたキャブコン。後部スペースを常設ベッドにする。コンパクトなギャレーを備える。《写真撮影 土田康弘》
  • tomTANDEM(セキソーボディ)はハイエース・スーパーロングベースのキャブコン。充実設計と軽量を両立させて走行安定性の高さが魅力。《写真撮影 土田康弘》
  • tomTANDEM(セキソーボディ)はハイエース・スーパーロングベースのキャブコン。充実設計と軽量を両立させて走行安定性の高さが魅力。《写真撮影 土田康弘》
  • tomTANDEM(セキソーボディ)はハイエース・スーパーロングベースのキャブコン。充実設計と軽量を両立させて走行安定性の高さが魅力。《写真撮影 土田康弘》
  • ミスティックのタウンエースベースのキャブコンがレジストロアウルだ。山小屋を思わせる内装は味わい深い。アルミフレームとサイディングを使った外装も独特。《写真撮影 土田康弘》
  • ミスティックのタウンエースベースのキャブコンがレジストロアウルだ。山小屋を思わせる内装は味わい深い。アルミフレームとサイディングを使った外装も独特。《写真撮影 土田康弘》
  • ミスティックのタウンエースベースのキャブコンがレジストロアウルだ。山小屋を思わせる内装は味わい深い。アルミフレームとサイディングを使った外装も独特。《写真撮影 土田康弘》
  • TACOSのVERY REはリアエントランスを備えたハイエースベースのキャブコン。専用の発電機スペースを設けるなど電装装備も充実する。《写真撮影 土田康弘》
  • TACOSのVERY REはリアエントランスを備えたハイエースベースのキャブコン。専用の発電機スペースを設けるなど電装装備も充実する。《写真撮影 土田康弘》
  • TACOSのVERY REはリアエントランスを備えたハイエースベースのキャブコン。専用の発電機スペースを設けるなど電装装備も充実する。《写真撮影 土田康弘》
  • Stage21のリゾートデュオ バンビーノプラスはタウンエーストラックベース。ポップアップルーフやコの字のソファを備える。開閉するリアハッチも独特。《写真撮影 土田康弘》
  • Stage21のリゾートデュオ バンビーノプラスはタウンエーストラックベース。ポップアップルーフやコの字のソファを備える。開閉するリアハッチも独特。《写真撮影 土田康弘》
  • Stage21のリゾートデュオ バンビーノプラスはタウンエーストラックベース。ポップアップルーフやコの字のソファを備える。開閉するリアハッチも独特。《写真撮影 土田康弘》
  • RVトラストのTR500 C-LHはハイエースベースのキャブコン。背もたれ・肘掛け付きのシートを備え、アレンジも自在。《写真撮影 土田康弘》
  • RVトラストのTR500 C-LHはハイエースベースのキャブコン。背もたれ・肘掛け付きのシートを備え、アレンジも自在。《写真撮影 土田康弘》
  • RVトラストのTR500 C-LHはハイエースベースのキャブコン。背もたれ・肘掛け付きのシートを備え、アレンジも自在。《写真撮影 土田康弘》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ