スズキ スペーシア、国内累計販売台数100万台を突破…8年2か月で達成

業界 レスポンス

スズキは、軽乗用車『スペーシア』が4月2日に国内累計販売台数100万台に到達したと発表した。2013年3月の発売開始から8年2か月での達成となる。

スペーシアは2013年3月に「広くて便利、軽くて低燃費の軽ハイトワゴン」をコンセプトに発売。以来、広く開放的な室内空間、使いやすく乗り降りしやすいパッケージング、充実した安全装備、優れた燃費性能で好評を得ている。

現在販売している2代目スペーシアは2017年12月に全面改良し、前方の衝突被害軽減ブレーキに加え、軽自動車で初採用となる後退時の衝突被害軽減ブレーキを採用するなど、安全装備をさらに充実させた。2018年12月には派生モデル『スペーシア ギア』を発売し、多様なニーズに対応。スペーシアは2020年度販売台数約14万5000台と、スズキの主力車種のひとつとなっている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 初代 スペーシア X《写真提供 スズキ》
  • 初代 スペーシア T《写真提供 スズキ》
  • スペーシアギア《写真提供 スズキ》
  • 2代目 スペーシア ハイブリッドX《写真提供 スズキ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ