車両は小型でも充実した装備! “バンコン”17台を一気見せ!…ジャパンキャンピングカーショー2021[フォトレポート]

モーターショー レスポンス

バンコン(バンコンバージョン)のベースとしてメインストリームとなっているのはトヨタ『ハイエース』だ。国内のバンとしては大型のボディやボディバリエーションの豊富さから、キャンピングカーのベースとしても使いやすいのが要因だろう。

しかしより小型の『タウンエース』や日産『NV200』などのバン、さらには輸入車をベースにしたバンコンもその勢力を広げつつある。フルサイズの1BOXではなく、より手軽で扱いやすいミドルサイズのキャンピングカーを求めるユーザー層には嬉しい状況と言えるだろう。中でも近年勢力を広げているのが日産のNV200とトヨタのタウンエース。

いずれも中型のバンでキャンピング架装次第ではかなり充実の装備が詰め込めるサイズだ。就寝人数を限定して絞り込んだ仕様にすればゆったりしたキャビンも得られる。バンコンの中でもうひとつの人気ジャンルがバンライフなどと呼ばれるオシャレな車中泊架装だ。

ウッドやアイアンなどを使った内装カスタムが施されるなど、従来の質実剛健なキャンピングカーとは一線を画する仕様。これまでキャンピングカーに親しんでこなかった新規の若年ユーザーにも人気のジャンルとなっている。

(ジャパンキャンピングカーショー2021)

  • 土田康弘
  • フリードをベースにしたホワイトハウスのバンコンがFREE STYLE。全長1880mmのベッドスペース展開可能、フロントは回転シートを備える。《写真撮影 土田康弘》
  • フリードをベースにしたホワイトハウスのバンコンがFREE STYLE。全長1880mmのベッドスペース展開可能、フロントは回転シートを備える。《写真撮影 土田康弘》
  • フリードをベースにしたホワイトハウスのバンコンがFREE STYLE。全長1880mmのベッドスペース展開可能、フロントは回転シートを備える。《写真撮影 土田康弘》
  • プジョー・リフターをベースにしたホワイトハウスのリフター キャンパー・シエル。ポップアップルーフや1800mm全長のベッドを持つ。《写真撮影 土田康弘》
  • プジョー・リフターをベースにしたホワイトハウスのリフター キャンパー・シエル。ポップアップルーフや1800mm全長のベッドを持つ。《写真撮影 土田康弘》
  • プジョー・リフターをベースにしたホワイトハウスのリフター キャンパー・シエル。ポップアップルーフや1800mm全長のベッドを持つ。《写真撮影 土田康弘》
  • シトロエン・ベルランゴをベースにしたホワイトハウスのベルランゴ キャンパー・ソレイユ。ベッド下に引き出し収納を設けた便利な仕様。《写真撮影 土田康弘》
  • シトロエン・ベルランゴをベースにしたホワイトハウスのベルランゴ キャンパー・ソレイユ。ベッド下に引き出し収納を設けた便利な仕様。《写真撮影 土田康弘》
  • 東和モータース販売のツエルトNV。日産のミドルサイズのバンであるNV200をベースに用いる。対面のリビングなど十分なスペースを持つ充実仕様。《写真撮影 土田康弘》
  • 東和モータース販売のツエルトNV。日産のミドルサイズのバンであるNV200をベースに用いる。対面のリビングなど十分なスペースを持つ充実仕様。《写真撮影 土田康弘》
  • ダイレクトカーズのリトリートNVPOPはNV200をベースにしたバンコン。右サイドに家具を集中させコンパクトな内装をうまくレイアウトする。《写真撮影 土田康弘》
  • ダイレクトカーズのリトリートNVPOPはNV200をベースにしたバンコン。右サイドに家具を集中させコンパクトな内装をうまくレイアウトする。《写真撮影 土田康弘》
  • ダイレクトカーズのリトリートNVPOPはNV200をベースにしたバンコン。右サイドに家具を集中させコンパクトな内装をうまくレイアウトする。《写真撮影 土田康弘》
  • AtoZが展示したAnna N。NV200にハイルーフを装備した広い空間が魅力。L型のリビングも天井高のおかげで圧迫感を感じない。《写真撮影 土田康弘》
  • AtoZが展示したAnna N。NV200にハイルーフを装備した広い空間が魅力。L型のリビングも天井高のおかげで圧迫感を感じない。《写真撮影 土田康弘》
  • タウンエースをベースにしたAtoZのAnna M。対面対座のリビングを持つ作り。ハイルーフはルーフベッドとしても開放的な天井空間としても利用可能。《写真撮影 土田康弘》
  • タウンエースをベースにしたAtoZのAnna M。対面対座のリビングを持つ作り。ハイルーフはルーフベッドとしても開放的な天井空間としても利用可能。《写真撮影 土田康弘》
  • タウンエースをベースにしたAtoZのAnna M。対面対座のリビングを持つ作り。ハイルーフはルーフベッドとしても開放的な天井空間としても利用可能。《写真撮影 土田康弘》
  • バンテックニイガタのミニバンキャンパーMR。その名の通りエスクァイヤをベースにした車中泊仕様。後席以降をフラットにできるベッドに注目。《写真撮影 土田康弘》
  • バンテックニイガタのミニバンキャンパーMR。その名の通りエスクァイヤをベースにした車中泊仕様。後席以降をフラットにできるベッドに注目。《写真撮影 土田康弘》
  • バンテックニイガタのミニバンキャンパーMR。その名の通りエスクァイヤをベースにした車中泊仕様。後席以降をフラットにできるベッドに注目。《写真撮影 土田康弘》
  • TACOSが展示したNV Jack。NV200ベースのバンコンで調ハイルーフを備えた装備が魅力。折り畳み式ギャレーなどコンパクト設計も光る。《写真撮影 土田康弘》
  • TACOSが展示したNV Jack。NV200ベースのバンコンで調ハイルーフを備えた装備が魅力。折り畳み式ギャレーなどコンパクト設計も光る。《写真撮影 土田康弘》
  • TACOSが展示したNV Jack。NV200ベースのバンコンで調ハイルーフを備えた装備が魅力。折り畳み式ギャレーなどコンパクト設計も光る。《写真撮影 土田康弘》
  • Stage21のリゾートデュオ ルクシオはタウンエースをベースにしたバンコン。リアエンドに家具類を設置して広いリビング&ベッドスペースを確保。《写真撮影 土田康弘》
  • Stage21のリゾートデュオ ルクシオはタウンエースをベースにしたバンコン。リアエンドに家具類を設置して広いリビング&ベッドスペースを確保。《写真撮影 土田康弘》
  • Stage21のリゾートデュオ ルクシオはタウンエースをベースにしたバンコン。リアエンドに家具類を設置して広いリビング&ベッドスペースを確保。《写真撮影 土田康弘》
  • セドナブランドのブースに展示されたのはFD-BOX 7改 vanlifeコンセプト。前向き2列目シートと後部のベッドマットを備えた構造。内装はウッドとアイアンを使った仕様。《写真撮影 土田康弘》
  • セドナブランドのブースに展示されたのはFD-BOX 7改 vanlifeコンセプト。前向き2列目シートと後部のベッドマットを備えた構造。内装はウッドとアイアンを使った仕様。《写真撮影 土田康弘》
  • セドナブランドのブースに展示されたのはFD-BOX 7改 vanlifeコンセプト。前向き2列目シートと後部のベッドマットを備えた構造。内装はウッドとアイアンを使った仕様。《写真撮影 土田康弘》
  • ジャパンキャンピングカーショー2021《写真撮影 土田康弘》
  • ジャパンキャンピングカーショー2021《写真撮影 土田康弘》
  • ジャパンキャンピングカーショー2021《写真撮影 土田康弘》
  • ゴードンミラーのGMLVAN C-01。ウッドとアイアンを使った内装のバンライフを意識したモデル。天井やウォール面にもウッドを使う。《写真撮影 土田康弘》
  • ゴードンミラーのGMLVAN C-01。ウッドとアイアンを使った内装のバンライフを意識したモデル。天井やウォール面にもウッドを使う。《写真撮影 土田康弘》
  • ゴードンミラーのGMLVAN C-01。ウッドとアイアンを使った内装のバンライフを意識したモデル。天井やウォール面にもウッドを使う。《写真撮影 土田康弘》
  • ゴードンミラーのGLMVAN V-01。ハイエースをベースにし、リアにはウッドパネルを使ったベッドフロアを設置。後席には対座シートを採用。《写真撮影 土田康弘》
  • ゴードンミラーのGLMVAN V-01。ハイエースをベースにし、リアにはウッドパネルを使ったベッドフロアを設置。後席には対座シートを採用。《写真撮影 土田康弘》
  • ゴードンミラーのGLMVAN V-01。ハイエースをベースにし、リアにはウッドパネルを使ったベッドフロアを設置。後席には対座シートを採用。《写真撮影 土田康弘》
  • ゴードンミラーとインテリアショップjournal standard Furnitureのコラボで生まれたGMLVAN V-01 JFS。オーク材を使った内装やオリジナル生地などが特徴。《写真撮影 土田康弘》
  • ゴードンミラーとインテリアショップjournal standard Furnitureのコラボで生まれたGMLVAN V-01 JFS。オーク材を使った内装やオリジナル生地などが特徴。《写真撮影 土田康弘》
  • ゴードンミラーとインテリアショップjournal standard Furnitureのコラボで生まれたGMLVAN V-01 JFS。オーク材を使った内装やオリジナル生地などが特徴。《写真撮影 土田康弘》
  • キャンピングカー広島のカレントキャンパー ピコ。タウンエースをベースにしたバンコンで、横掛けのベンチシートを用いた内装がシンプル。《写真撮影 土田康弘》
  • キャンピングカー広島のカレントキャンパー ピコ。タウンエースをベースにしたバンコンで、横掛けのベンチシートを用いた内装がシンプル。《写真撮影 土田康弘》
  • ちょっと変わり種なのがトイファクトリーのHACO×HACO。アタッチメントになっているボックス状の家具を組み合わせてハイエースに対して好みの内装を作れる。《写真撮影 土田康弘》
  • ちょっと変わり種なのがトイファクトリーのHACO×HACO。アタッチメントになっているボックス状の家具を組み合わせてハイエースに対して好みの内装を作れる。《写真撮影 土田康弘》
  • ちょっと変わり種なのがトイファクトリーのHACO×HACO。アタッチメントになっているボックス状の家具を組み合わせてハイエースに対して好みの内装を作れる。《写真撮影 土田康弘》
  • ちょっと変わり種なのがトイファクトリーのHACO×HACO。アタッチメントになっているボックス状の家具を組み合わせてハイエースに対して好みの内装を作れる。《写真撮影 土田康弘》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ