オートバックス、中古車個人売買アプリ提供開始へ 査定から登録・納車までフルサポート

業界 レスポンス

オートバックスセブンは、C to C(個人間取引)中古車売買フリマアプリ「クルマのえん」を4月12日より開始する。

C to Cとは、消費者同士が契約や決済を行い、モノやサービスを売買すること。中間コストを削減できるほか、原則消費税不要となるため、売り手は高く、買い手は安く売買できる。近年では、フリーマーケットアプリによるオンラインでの個人間取引が活発化しており、今後も市場規模の拡大が見込まれている。このような環境にて、オートバックスは手軽に安心して利用できるプラットフォームとして、フリマアプリ「クルマのえん」を構築し、中古車の個人間売買をサポートする。

「クルマのえん」では、2つの方法で出品が可能。オートバックス店舗で車買取査定システム「査定Dr.」を活用したより信頼性の高い査定結果をもとに出品する方法に加え、コロナ禍で外出を控えている人にもおすすめな「オンライン査定」を利用した出品方法を用意する。

買い手は、出品車両が「店舗査定」または「オンライン査定」のどちらが実施されているかをアプリホーム画面上に掲載されている車両写真左上のマークの表示によって確認できる。また、合わせてクルマの内装や外装の状態についても5段階の評価でクルマの状態目安として確認可能。加えて、車両検索時には、簡単検索機能により「スポーツタイプ」や「アウトドア」、「大人数が乗れる」などの購入希望車種の特徴や利用目的ごとにタグ検索ができ、求めているイメージに近いクルマを感覚的に探すこともできる。

さらに売買契約成立後の名義変更などの書類手続き・陸送による納車まで一連の取引も「クルマのえん」がサポート。安心して利用できる仕組みとなっている。

出品および購入に関する利用料は無料。売買成約時には出品者側に車両本体価格の10%のシステム利用料がかる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • オンライン査定出品《写真提供 オートバックスセブン》
  • 店舗査定出品《写真提供 オートバックスセブン》
  • クルマの状態の目安《写真提供 オートバックスセブン》
  • 従来の中古車売買サービスイメージ図《写真提供 オートバックスセブン》
  • 「クルマのえん」の中古車売買サービスイメージ図《写真提供 オートバックスセブン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ