貸切バス事業者の倒産件数、ほぼ倍増 2020年度

業界 レスポンス

東京商工リサーチは4月8日、2020年度の貸切バス事業者と軽貨物運送業の倒産状況を発表した。

それによると2020年度の貸切バス事業者の倒産件数は15件で、前年度からほぼ倍増し、過去20年間で最多を記録した。インバウンド需要や旅行客を取り込み、2014年度以降は10件未満の倒産で推移していたが、コロナ禍で環境が一変した。貸切バス事業者の多くは売上げの大半を失い、事業継続が難しくなったケースが目立った。

2020年度に倒産した15件のうち、販売不振が12件だった。消滅型の破産は13件と9割弱を占め、再建を断念した倒産が多い。経営体力の乏しい小・零細企業の倒産が中心だった。

また、軽貨物運送業の2020年度の倒産は18件、前年度比30.7%減と大幅に減少した。小・零細事業者が多く、人手不足に苦慮していたものの、コロナ禍での資金繰り支援策に加え、在宅勤務の広がりやネット通販の利用増などが寄与した。

  • レスポンス編集部
  • 軽貨物運送事業者の倒産件数の推移《画像提供 東京商工リサーチ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ