使用済み車載電池を活用、実証で再エネ利用を2割まで拡大 豊田通商

業界 レスポンス

豊田通商は4月7日、東京電力パワーグリッド、NExT-e Solutionsなどと、自社ビルの豊田支店で、使用済み車載用電池などを活用した再生可能エネルギーマネジメント実証を実施したと発表した。

実証では、自社ビルである豊田支店の屋上と駐車場に設置した太陽光パネルで発電した電力を、使用済みの車載用電池を用いた蓄電システムに貯めて、最適に利用していくモデルを実施した。

特に蓄電システムは、東電PGとNExT-eSの協力を得て、使用済みの車載用電池をリユースした蓄電池を導入し、種類や容量、新品・中古に関わらず組み合わせて利用できる蓄電システムを開発して活用した。

2020年12月から2021年3月までの実証で、豊田支店の消費電力を最大で50kW抑制しながら、再エネの利用率を最大で年間約20%まで向上させることが見込まれる結果となった。

また、蓄電池を導入することで災害などの停電時の非常用電源として最大で約1週間程度の電力を賄えられることも確認したとしている。

今後、実証で得られた知見を生かし、再エネの利用率向上に向けたエネルギーマネジメントのソリューションを提供して事業化していく。

  • レスポンス編集部
  • 豊田支店《画像提供 豊田通商》
  • 蓄電システム《画像提供 豊田通商》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ