ヤマハ発動機、最大出力350kWのEV向け電動モーターユニットを開発…人とくるまのテクノロジー2021に出展予定

エコカー レスポンス

ヤマハ発動機は、業界最高クラスの出力密度を実現する電動モーターユニットを開発し、4月から試作開発受託を開始。350kWクラスをはじめとする電動モーター試作品を5月26日から28日に開催される「人とくるまのテクノロジー展2021横浜」に出展する予定だ。

ヤマハ発動機は2020年より四輪車をはじめとするモビリティ向け電動モーター(35〜200kW)の試作開発を受託しているが、新たにハイパーEVなど高出力帯モビリティへの搭載を想定した最大出力350kWクラス(動作電圧800V)の電動モーターユニットを開発。開発品はギア、インバーターを一体化したコンパクトな機電一体型の電動モーターユニットで、車両へ複数ユニット搭載する用途を想定している。

試作開発受託にあたっては、二輪車をはじめ幅広い製品群に柔軟に対応してきた鋳造・加工・組立を中心とした生産技術、試作設備等を活用し、顧客要望に沿った試作モーター開発を短期間で実現する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ヤマハ発動機のハイパーEV向け電動モーターユニット(試作品)《写真提供 ヤマハ発動機》
  • ヤマハ発動機のハイパーEV向け電動モーターユニット(試作品)《写真提供 ヤマハ発動機》
  • ヤマハ発動機のハイパーEV向け電動モーターユニット(試作品)《写真提供 ヤマハ発動機》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ