モトグッツィ、新型エンジン搭載のV9ボバーを日本市場導入…価格は134万2000円

モーターサイクル レスポンス

ピアッジオグループジャパンは、新型エンジンと車体の一部にアップデートを加えたモトグッツィ『V9ボバー100周年記念スペシャルエディション』を4月13日より受注を開始、6月より順次出荷する。

V9ボバーは無駄なパーツを極限までそぎ落とし、米国を中心に流行した「ボバースタイル」を現代風にアレンジしたアグレッシブでシンプルなモデル。V9シリーズは2021年に大きく改良を受けたが、日本市場導入はこのV9ボバー 100周年記念車のみとなる。

今回の改良では、アドベンチャーツアラー『V85TT』が搭載するユニットから派生した新型850ccエンジンを搭載する。最高出力65hp、最大トルク73Nmのパフォーマンスを受け止めるべくフレームも進化。ステアリングヘッド周りを強化することで、安定性を向上させ精度の高いハンドリングを実現する。また、振動を低減する新設計のフットペグを採用し、乗り心地を向上。ABSに加えて、調整可能なMGCTトラクションコントロールシステムも標準装備する。

新デザインのシートはよりボバーらしいルックスに寄与。新しいショートタイプのフロントマッドガードや、短くすっきりとしたテール周りのデザインを採用し、不要なものを削ぎ落したスポーティな印象を際立たせている。ブラックアウトされたハンドルバー、16インチホイール、エキゾーストシステム、リアマッドガードなど、完全にマットブラックで統一。細部にまでこだわったフィニッシュを実現している。

新デザインのLCDダッシュボードはイーグルの姿を連想させるフルデジタル丸形シングルダイアルを採用。LEDのヘッドライトにもマンデーロイーグルの形をしたDRL(デイタイムランニングランプ)を備え、一目で新型のモト・グッツィであることを認識させる。

またオプションでモト・グッツィMIAマルチメディアシステムが装着可能。スピードメーターやタコメーターをはじめ、瞬間出力、瞬間トルク、瞬間または平均燃費、平均速度、バッテリー電圧、制御の状態、縦加速度、トリップコンピューターなど、膨大な情報メニューから選択可能な7つのパラメーターをスマートフォンの画面上で同時に確認できる。さらにBluetoothを介して音声コマンドの利用や着信・発信の管理、音楽プレイリストの管理も可能。電話音声アシスタントの操作を含め、ハンドルバーのコマンド機能ですべてのインタラクションを管理できる。

100周年記念スペシャルエディションは他の記念車同様、マットグレーのタンク、ブラウンのシート、マットグリーンにペイントされたサイドパネルとフロントマッドガードなど、「オットーチリンドリ」の特徴であるカラーリングを纏う。価格は134万2000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • モト・グッツィ V9ボバー100周年記念スペシャルエディション《写真提供 ピアッジオグループジャパン》
  • モト・グッツィ V9ボバー100周年記念スペシャルエディション《写真提供 ピアッジオグループジャパン》
  • モト・グッツィ V9ボバー100周年記念スペシャルエディション《写真提供 ピアッジオグループジャパン》
  • イーグルの姿を連想させるフルデジタル丸形シングルダイアル(左)とLEDヘッドライト《写真提供 ピアッジオグループジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ