日産 GT-R の心臓部を持つセダン、パワーは1300馬力…新ドリフトマシンが完成[動画]

モータースポーツ レスポンス

フーニガン(HOONIGAN)は4月10日、日産『GT-R』のパワートレインを日産のセダン『アルティマ』に移植した新ドリフトマシンの映像を、公式サイトを通じて公開した。

米国発のフーニガンは、自動車好きで走りやドリフト好きな人に向けたブランドで、ケン・ブロックをモデルにしたブランドだ。また、フーニガンは、『ジムカーナ』ビデオシリーズを制作していることでも知られる

このフーニガンが、日産GT-Rのパワートレインを、日産アルティマに移植した新ドリフトマシンの映像を公開した。日産の米国市場における主力ミドルセダンが、アルティマだ。現行型アルティマは、6世代目モデル。日本市場には、従来型の5世代目モデルが、『ティアナ』として導入されていた。

新ドリフトマシンでは、チューブフレームで組まれたシャシーに、日産GT-Rのパワートレインを移植し、アルティマのボディを載せた。VR38型3.8リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力が1300hpまで引き上げられた。拡幅されたフェンダーにワイドタイヤを収め、車高をローダウン。リアには、大型ウイングが装備されている。

このアルティマは、『アルティマニアック』と命名された。映像では、米国の「フォーミュラー・ドリフト」を3度制したクリス・フォルスベルク選手が、アルティマニアックをテストしている。

  • 森脇稔
  • 日産 アルティマ(市販モデル)《photo by Nissan》
  • 日産 アルティマ(市販モデル)《photo by Nissan》
  • 日産 アルティマ(市販モデル)《photo by Nissan》
  • 日産 アルティマ(市販モデル)《photo by Nissan》
  • 日産 アルティマ(市販モデル)《photo by Nissan》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ