匠の技を伝える技能伝承システム、ブリヂストンなど共同開発

業界 レスポンス

ブリヂストンは4月13日、航空機用および建設・鉱山車両用タイヤの「モノづくり領域」にて、匠の技を伝えるシステムをノビテックと共同開発したと発表した。

航空機用タイヤと建設・鉱山車両用タイヤは、過酷な使用環境に対応するため高品質・高性能が求められ、タイヤメーカーの総合的かつ高度な技術力を反映する商品。多くの部材で構成され、成型工程にて、作業ステップ数は乗用車用タイヤの15倍以上、高度な熟練のスキルが求められる。成型作業における不具合は製品不良に直結。そのため、モノづくりにおける匠の技を確実に伝承していくことが、最適なグローバル供給体制の構築に向けての課題となっていた。

そこでブリヂストンは、ノビテックの協力を得てデジタルを活用した技能伝承システムを開発。新人技能員などの技能訓練に活用し、確実かつ効率的に熟練技能員の匠の技を伝承する仕組みを構築した。技能伝承システムでは、成型作業の動きをモーションカメラや慣性・圧力センサーで計測。新人と熟練技能員の差を作業ステップ毎に可視化し評価、低評価のステップについて繰り返し訓練することで効率的に技能を習得できるようになった。高度な熟練のスキルがDXにより標準化されることで、高品質な商品を安定的に供給することが可能となる。

技能伝承システムは、既に航空機用タイヤを生産する久留米工場、建設・鉱山車両用タイヤを生産する北九州工場に本格導入され、商品の安定供給に貢献。2021年上期中には、航空機用タイヤを生産する海外工場(タイ)にも展開する計画だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ナイフを使ったタイヤの部材カット作業《写真提供 ブリヂストン》
  • 素材開発〜製品開発〜モノづくりというエンジニアリングチェーン全体でのDX《図版提供 ブリヂストン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ