ホンダ、EV向けエネルギーマネジメントサービスを英国で開始

エコカー レスポンス

ホンダは4月14日、再生可能エネルギーの活用と充電コストの低減を両立する電気自動車(EV)向けエネルギーマネジメントサービス「e:プログレス」の提供を英国で開始したと発表した。

e:プログレスは、電力需要が少なく電力コストの低い時間帯にEVを充電することで、電力需要を平準化し再生可能エネルギー由来の電力使用拡大に貢献する、EV向けエネルギーマネジメントサービス。欧州初の自動車メーカーによるエネルギーマネジメントサービスとして、昨年より販売を開始した『ホンダe』オーナー向けに提供する。

e:プログレスのサービスは、スマート充電やリソースアグリゲーションを専門とするモイクサ社、英国初の変動型電気料金を提供する電力会社のオクトパスエナジー社が共同で提供。充電器設置をブリティッシュガス社が実施する。

e:プログレス契約者は、スマートフォンのアプリに必要な充電量を入力し、ホンダeを「ホンダ パワーチャージャーS+(4G)」など自宅の充電器につなぐだけで、モイクサ社のソフトウエアが最適な充電スケジュールを設定。オクトパスエナジー社が提供する変動型電気料金を活用できるため、電力コストの低い時間帯に自動的に充電できる。これにより、標準的な電気料金と比較して、1年間で最大475ポンド(約7万円)充電費用を節約できる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダが英国で開始したEV向けエネルギーマネジメントサービス「e:プログレス」《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダが英国で開始したEV向けエネルギーマネジメントサービス「e:プログレス」《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダが英国で開始したEV向けエネルギーマネジメントサービス「e:プログレス」《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダが英国で開始したEV向けエネルギーマネジメントサービス「e:プログレス」《写真提供 本田技研工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ