富士通、モビリティデータ活用を支援する「デジタルツインコレクター」販売開始…自動車メーカーや損保会社向け[写真6]

  • 車載器などのモビリティデバイスにある情報をクラウドで仮想的に統合管理する新サービス「Digital Twin Collector」
  • 説明に登壇した富士通株式会社 Mobility事業本部 FMアクセラレータ事業部 シニアディレクターの井上大悟氏(左)と、富士通株式会社 Mobility事業本部 FMアクセラレータ事業部 マネージャーの雨宮宏一郎氏
  • トラフィックスケジューラ機能は大容量データ通信の集中を抑制して安定したデータアクセスを実現する
  • データカバレッジ制御機能は類似データの複製抑止と網羅的複製を両立し、サービス品質を均一化する
  • ユースケースその1
  • ユースケースその2
  • ユースケースその3
  • 富士通が展開するモビリティデジタルツイン製品
  • 富士通が目指すモビリティ世界。クルマとサービスをデジタルでつないでモビリティ社会のデジタル化を実現する

富士通は4月15日、様々なモビリティデバイスで収集した情報をクラウド上で仮想的に統合して管理する基盤「FUJITSU Future Mobility Accelerator Digital Twin Collector」(以下、「Digital Twin Collector」)を発表した。4月22日から販売を開始する。

レスポンス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ