豊田通商、アフリカ向け投資ファンドに出資…MaaSで連携へ

新車 レスポンス

豊田通商は4月15日、スタートアップ企業発掘を主な目的としてサムライインキュベートが運営する「サムライアフリカファンド2号投資事業組合」に出資すると発表した。

今回の出資は、モビリティ分野以外のヘルスケア、リテール分野などでのスタートアップ企業の発掘と、豊田通商グループが設立したアフリカで活動するモビリティ関連スタートアップ企業への出資・融資に特化した投資会社モビリティ54と、MaaS(モビリティアズアサービス)分野における連携も視野に入れる。

ファンドを通じて、ナイジェリア・ケニア・南アフリカ・エジプトなどのスタートアップ企業を発掘し、アフリカの社会課題解決に貢献しながら事業拡大につなげる。

同組合のファンド総額は20億2600万円で、1件当たり1000万〜8000万円の投資規模を想定している。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ