ZMP、首都高速走行データセットトライアル版発売へ…前方映像は高解像度4K

テクノロジー レスポンス

ZMPは、高解像度4Kカメラ映像を含む首都高 速道路走行時の計測データセットのトライアル版(4号新宿線)を5月より発売する。

ZMPではこれまで、首都高全線の約327.2kmをZMP計測車両にて走行し、前後左右4か所のカメラ、3D-LiDAR、GPS、IMU(慣性センサー)、車速や操舵角などの車両データを同期して取得したデータセットを販売していた。今回のトライアル版では前方に高解像度(3840×2160)撮影が可能な4Kカメラを使用。高解像度データによる遠方の車両、標識、白線、道路構造物などを含む首都高速4号新宿線(上り、下り)のデータセットを発売する。

今回のデータセットは、高解像度化が進むADAS・自動運転向けAI・ディープラーニングアルゴリズムの開発や検証に活用できる精度を持つ。また、前方4Kカメラに加え、左右と後方はフルHDカメラを採用、128レイヤーの高精度3DLiDARデータと組み合わせ、車両全周囲を把握する情報を含む。データセットに含まれる車速・操舵角等のデータと組み合わせることで、ADAS・自動運転アルゴリズムをシミュレーション上で検証するといった用途にも活用できる。

価格は19万8000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 首都高速走行時のフロント4Kカメラ映像イメージ(トンネル走行時)《写真提供 ZMP》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ