トレーラ火災防止に貢献、ブレーキ温度監視システム デンソーなど共同開発

テクノロジー レスポンス

デンソーは4月20日、トレーラのブレーキの異常な温度上昇を検知してドライバーに警告する「トレーラブレーキ温度監視システム」を日通商事と共同開発したと発表した。

トレーラブレーキ温度監視システムは、日常点検では気づくことが難しいブレーキの異常を温度推移から検知し、ドライバーの安全確保、物流の停滞回避など社会インフラの維持に貢献する製品。2021年4月下旬より、日通商事および日本トレクスを通じて発売する。

貨物を輸送するトレーラは、人々の日常生活にて重要な役割を担っている。その一方で、路上でトレーラ火災が発生した際には、人命の危険だけではなく、物流の停滞など社会インフラにも非常に大きな影響を与えるため、トレーラ火災への対応が課題となっている。

今回販売を開始するトレーラブレーキ温度監視システムは、トレーラ火災の原因の多くがブレーキの異常な温度上昇であることに着目。各車輪のブレーキに温度センサーを設置し、3つの異常な温度変化(異常な高温、急激な温度上昇、他のブレーキとの温度差)を検知し、トレーラ前端に設置した警告インジケーターの光でサイドミラー越しに警告を行う。ブレーキの温度推移を常時監視し、早い段階で異常を検知することで、火災などの危険なトラブル発生前にドライバーへ警告し、トレーラ火災を未然に防ぐ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トレーラ前端に設置した警告インジケーターの光でサイドミラー越しに警告《写真提供 デンソー》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ