ホンダ、ドライビングシミュレーターを大幅改良…プッシュスタートボタンなど最新装備採用

テクノロジー レスポンス

ホンダは、運転免許教習所などで活用されている安全運転教育用「ドライビングシミュレーター」をマイナーモデルチェンジ、最新車両装備の採用やソフトウエア設定項目の追加など、機能を充実させて4月20日より発売した。

ドライビングシミュレーターは、ホンダが長年培った安全運転のノウハウを活かし、実際の交通状況を想定しながら危険を安全に体験できる安全運転教育機器として、2001年に発売。国内外の運転免許教習所や研究機関で活用されており、危険予測体験後の充実した振り返り学習機能や実際のクルマに近い運転感覚のある操作性で好評を得ている。

今回のマイナーモデルチェンジでは、2010年のフルモデルチェンジ以来の大幅改良を実施。「危険に対する認知や判断、予測能力を向上させる」というコンセプトはそのままに、最新のホンダ車で使用しているシートやステアリング、セレクトレバーに加え、電動パーキングブレーキ(EPB)スイッチやプッシュ式エンジンスタート&ストップシステムを採用。本体ディスプレーは鮮明で高画質な43型液晶モニター3画面とし、メーターパネルはデジタル表示化し、視認性を高めた。

またソフトウエアは「第一種免許普通用」に加えて、これまでオプション設定としていた「第一種免許大型・中型用」「第二種免許普通・大型用」を標準装備。機能を充実させながら、従来よりもリーズナブルな価格設定とした。

価格(搬送・設置費別)は313万5000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ステアリング《写真提供 本田技研工業》
  • プッシュ式スタート&ストップシステム《写真提供 本田技研工業》
  • シート《写真提供 本田技研工業》
  • メーターパネル《写真提供 本田技研工業》
  • 電動パーキングブレーキ(EPB)《写真提供 本田技研工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ