ポルシェ、仮想テストにゲーム技術を利用…自動運転などの先進運転支援システムの開発に

テクノロジー レスポンス

ポルシェ(Porsche)は4月19日、子会社のポルシェエンジニアリングが、ゲームエンジンを使用して、将来のインテリジェントビークルを開発していると発表した。

ゲームの頭脳部のゲームエンジンは、リアルな映像を生み出し、コンピュータゲームやビデオゲームにおいて、さまざまな動きを可能にする。ポルシェエンジニアリングは、高度な自動運転のバーチャル開発とテストに、ゲームエンジンと同じソフトウェアを利用している。

これにより、開発時間が短縮され、コストが節約され、モビリティがいっそう安全になるという。ゲームエンジンは、人工知能(AI)と並んで、自動運転などの先進運転支援システム(ADAS)の開発に重要な役割を担っている。合成センサーデータを使用して、先進運転支援システムをテストする。これにより、すべてのシナリオと不測の事態に対応できるという。

先進運転支援システムの開発には、多くのテストと検証が必要。しかし、実際のテスト走行中に、想定しているすべてのシナリオが発生するわけではない。ゲームエンジンを使用してシミュレートされたシステムは、何度でも繰り返すことができ、細部までコントロールできる利点があるという。

ゲームエンジンは将来、顧客の新車購入体験をさらに充実させる可能性を持つ。ポルシェは現在、バーチャルリアリティ(VR)カーコンフィギュレーターをテストしている。ポルシェの顧客は将来、VRメガネが接続されたゲーミングPCを通じて、自分好みにカスタマイズされた車両のリアルな3Dシミュレーションを見ることができる、としている。

  • 森脇稔
  • ポルシェの子会社のポルシェエンジニアリングがゲームエンジンを使用して自動運転などの先進運転支援システムを開発《photo by Porsche》
  • ポルシェの子会社のポルシェエンジニアリングがゲームエンジンを使用して自動運転などの先進運転支援システムを開発《photo by Porsche》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ