ランボルギーニ世界販売が新記録、日本は2年ぶりに減少 2021年第1四半期

業界 レスポンス

ランボルギーニ(Lamborghini)は4月16日、2021年第1四半期(1〜3月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は第1四半期の新記録となる2422台。前年同期比は25%増と、2桁増を達成している。

全販売台数2422台のうち、SUVの『ウルス』が1382台と占めた。ランボルギーニの第1四半期の全販売台数の57%を、ウルスが占めたことになる。

また、V10エンジンを搭載する『ウラカン』シリーズは第1四半期、753台を販売した。V12エンジンを搭載する『アヴェンタドール』シリーズは、287台を売り上げている。

市場別では、米国、中国、ドイツが回復傾向にある。日本は第1四半期、162台を販売した。前年同期比は24.3%減と、2019年以来、2年ぶりに前年実績を下回った。

ランボルギーニの2020年の世界新車販売台数は7430台。前年比は9%減と、10年ぶりに前年実績を下回っている。

  • 森脇稔
  • ランボルギーニ ・ウラカンSTO《Photo by Lamborghini》
  • ランボルギーニ ・アヴェンタドールSVJ《Photo by Lamborghini》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ