トーヨータイヤ「オープンカントリー」装着車両、過酷なメキシコのオフロードレースで総合優勝

モータースポーツ レスポンス

4月14日から18日の5日間、メキシコ・バハカリフォルニア州で開催されたオフロードレース「第34回 スコア・サン フェリペ 250」で、「オープンカントリー」装着車両が総合優勝を獲得した。

TOYO TIRE(トーヨータイヤ)および米国タイヤ販売子会社トーヨータイヤU.S.A.は、同レースに参戦したブライス・メンジス選手チームにオフロードタイヤ「オープンカントリー M/T-R」を供給・サポート。見事、総合優勝を飾った。また同じくオープンカントリーを装着するアンディ・マクミラン選手が3位、アラン・アンプディア選手が4位と上位入賞を果たしました。

34回目の開催となったスコア・サン フェリペ 250は、オフロードレース「スコア ワールド デザート チャンピオンシップ」(全4戦)における2021年シリーズの初戦。全280.2マイル(約450km)でタイムを競う同レースに、今年は35名の選手が参戦した。

スコア・サン フェリペ 250のコースは、想定通りに走るのが困難なコースの一つとして知られている。荒涼とした砂漠に突如出現するくぼみや岩場など、悪条件の中での高速走行がレースの行方を左右し、タイヤには悪路における対外傷性や起伏のあるコースでのトラクション性能が求められる。

今回のレースではオープンカントリーMT-Rが優れた耐久性とパフォーマンスを発揮。ブライス・メンジス選手が4時間28分のタイムで総合優勝、7分後にゴールしたアンディ・マクミラン選手が3位、アラン・アンプディア選手も力強い走りで4位を獲得、トップ5のうち3選手が同社のサポートチームで占める結果となった。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 総合優勝のブライス・メンジス選手《写真提供 TOYO TIRE》
  • 左からアンディ・マクミラン選手、ブライス・メンジス選手、アラン・アンプディア選手《写真提供 TOYO TIRE》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ