キャンピングカーによる「移動型ワクチン接種カー」都内で運用開始…高齢者施設などへ出張

社会 レスポンス

ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(ジャパンC.R.C.)を運営するキャンピングカー株式会社は4月21日、シミックソリューションズと共同で、キャンピングカーをベースとした移動型ワクチン接種カーの貸出を東京都23区内の自治体に向け開始したと発表した。

ジャパンC.R.C.では、総合病院やクリニックなどの医療機関がクラスターにならないよう、メディカルキャンピングカーを駐車場などに設置し、発熱外来の一次診察施設やPCR検査施設として活用する取り組みを行ってきた。今回、これら医療分野におけるキャンピングカーの活用ノウハウを活かし、特設会場に行くことなくワクチン接種が可能な「移動型ワクチン接種カー」の貸出を23区内の2つの自治体へ開始した。

移動型ワクチン接種カーは、自治体や医療機関へ様々な支援事業を行ってきた実績を持つシミックソリューションズと共同開発。ハイエースロングワゴンボディをベースとしたオリジナルキャンピングカー『ロビンソンV95』『ロビンソン771』に、ワクチン保管用ポータブル冷凍庫や医療用具一式、救急診察医療機器などを搭載し、ワクチン接種向けにカスタマイズした。サブバッテリーによりワクチン保管用冷蔵庫などの電化製品を利用できるほか、車載装備のベンチレーター(換気扇)で換気も可能。シェード(目隠し)を閉じれば、周囲の目を気にすることなく車内でワクチン接種を受けられる。

この移動型ワクチン接種カーを活用することで、外出が困難な人の自宅近くや入居施設(高齢者介護施設など)への出張型ワクチン接種を実現する。また、ワクチン接種スペースがない場合でも、駐車場を借りての接種も可能。施設内から離れた所でワクチン接種を行うことで、密を避け、感染拡大のリスクを軽減する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 医療向けメディカルキャンピングカー《写真提供 キャンピングカー株式会社》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ