日野レンジャーなど、5万6000台をリコール 排出ガス発散防止装置に不具合

テクノロジー レスポンス

日野自動車といすゞ自動車は4月21日、『日野レンジャー』などの排出ガス発散防止装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、日野『レンジャー』『プロフィア』『セレガ』『メルファ』『ポンチョ』『ブルーリボン ハイブリッド』『デュトロ』、トヨタ『ダイナ300』『ダイナ400』『トヨエースG35』『トヨエースG45』、いすゞ『ガーラ』『ガーラミオ』『エルガ』の14車種で、2019年3月26日〜2021年1月14日に製造された5万6536台。

対象車両は、排出ガス発散防止装置にて、制御コンピュータの故障診断プログラムが不適切なため、故障時に正しく診断または警告表示できないものがある。そのため、保安基準第31条の細目告示第41条 別添48の車載式故障診断装置(ディーゼル重量車J-OBD II)の技術基準を満足しない。

改善措置として、全車両、制御コンピュータの故障診断プログラムを対策仕様に修正する。

不具合および事故は起きていない。日野自動車社内からの情報によりリコールを届け出た。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所《図版提供 国土交通省》
  • 対象車両《図版提供 国土交通省》
  • 対象車両《図版提供 国土交通省》
  • 対象車両《図版提供 国土交通省》
  • 対象車両《図版提供 国土交通省》
  • 対象車両《図版提供 国土交通省》
  • 対象車両《図版提供 国土交通省》
  • 対象車両《図版提供 国土交通省》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ