テスラ モデルS 改良新型、納車を間もなく開始…米国

エコカー レスポンス

テスラは4月26日、改良新型『モデルS』(Tesla Model S)の納車を、米国で間もなく開始すると発表した。

改良新型では、内外装がアップデートを受けた。エクステリアは、フロントバンパーが新デザインとなり、開口部の形状が新しくなった。また、ドアハンドルなどが、ブラック仕上げに変更されている。

インテリアは、大幅な変更が施された。とくに、ステアリングホイールは、レーシングカーのように上側のグリップ部分がないデザインとした。モデルSの特徴だった縦長デザインの大型センタースクリーンは、横長デザインに改められている。

改良新型には最強グレードとして、「プレイド」が設定される。モデルSの高性能グレードは従来、2モーターを搭載してきた。これに対してプレイドは、3モーターを搭載するのが特長だ。3個のモーターは、合計で1100hpのパワーを引き出す。プレイドは、この強大なパワーが4輪に伝達されるAWDとなる。

プレイドの動力性能は、0〜96km/h加速が2秒以内、最高速はおよそ322km/hに到達する。それでいて、1回の充電での航続は、およそ837km以上を想定している。

テスラは、この改良新型モデルSの納車を、米国で間もなく開始する予定だ。2021年第1四半期(1〜3月)、モデルSは『モデルX』と合わせて、2030台の納車にとどまり、前年同期比は83%減と落ち込んだ。改良新型の投入により、販売の回復を図っていく。

  • 森脇稔
  • テスラ・モデルS 改良新型《photo by Tesla》
  • テスラ・モデルS 改良新型《photo by Tesla》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ