ロータスのEVハイパーカー『エヴァイヤ』、開発が最終段階に…「加速はロケット感覚」

エコカー レスポンス

ロータスカーズは4月27日、EVハイパーカーのロータス『エヴァイヤ』(Lotus Evija)の開発プログラムが、量産前の最終段階に近づいていると発表した。

◆車両重量は1680kgと世界最軽量のEVハイパーカーに

エヴァイヤは、ロータス史上最もパワフルでダイナミックなロードカーとして、ロータスの運転性能に新たな基準を打ち立てることを目指し、開発を進めている。英国初の完全電気式ハイパーカーとなり、ロータスで初めて、電動パワートレインを搭載する。

ボディサイズは、全長4459mm、全幅2000mm、全高1122mm。最低地上高は105mmと低い。軽量のカーボンファイバー製モノコックと、ロータスの市販車としては初となるワンピース構造のカーボンファイバーモノコック製シャシーを採用し、車両重量は1680kgに抑えられた。ロータスカーズによると、EVハイパーカーとしては世界最軽量という。

◆航空機からインスピレーションを得た空力技術

エヴァイヤのパフォーマンスに貢献しているのが、航空機からインスピレーションを得たエアロダイナミクス技術だ。

フロントには、バイプレーンのリップスポイラーを装着する。3つのセクションに分かれており、中央部分はバッテリーパックを冷却するための空気を取り入れる。量産車としては世界で初めて、メインビームとディップビームの両方にレーザー光を使用する。オスラム製のライトモジュールはコンパクトで、薄い縦長デザインとした。レンズの内側には、デイタイムランニングライトを組み込む。

リアには、アクティブエアロダイナミクスを採用する。リアスポイラーは、車両の全高いっぱいまでせり上がる。F1スタイルのドラッグリダクションシステム(DRS)は、トラックモードで自動的に作動する。他のモードでは、スイッチ操作で作動させることもできる。

さらに、リアには、ルマンのレーシングカーをモチーフに、「ベンチュリートンネル」が設けられる。それぞれのトンネルは、赤いLEDで縁取られる。夜間には、戦闘機のアフターバーナーに似た視覚的効果を生み出すという。

◆4モーターで最大出力2000ps

エヴァイヤのEVパワートレインには、モーターを4個搭載する。4個のモーターは、合計で2000psのパワーと173.4kgmのトルクを引き出す。ロータスカーズによると、2000psのパワーは量産車としては世界最強という。

強力なモーターのパワーは4輪に送られ、0〜100km/h加速3秒以下、0〜300km/h加速9秒以下、最高速320km/h以上というパフォーマンスを可能にする。

バッテリーは車体中央にレイアウトされており、蓄電容量は70kWhと大容量だ。1回の充電での航続は、WLTPサイクルの複合モードで400kmの性能を備える。充電は出力350kWの急速チャージャーを利用すれば、およそ18分で完了する。

◆レンジモードではモーターのパワーを抑え駆動方式も2WDに

ロータスカーズはエヴァイヤに、航続を延ばす新技術を採用する。5種類の走行モードの「レンジ」、「シティ」、「ツアー」、「スポーツ」、「トラック」を切り替えることにより、航続を延ばすことが可能になるという。

レンジモードでは、モーターの最大出力は1000ps、最大トルクは81.6kgmに制限される。駆動方式も、4WDから2WD(後輪駆動)に切り替わる。これにより、バッテリーの消費を抑え、インテリジェントパワーマネージメントシステムが航続を最大化する。

ツアーモードでは、4WDと2WDを自動的に切り替え、トルクベクタリングによって1400psを超えるパワーを発揮する。スポーツモードでは、モーターが1700psのパワーと173.4kgmのトルクを発生する。スタビリティコントロールシステムと連携して、トラクションレベルを高める。

トラックモードでは、最大出力2000psが可能になる。オプションの「ドラッグ・リダクション・システム(DRS)」により、高いレベルのトルクベクタリングを実現する。シャシーの設定は、自動的にサーキット仕様に切り替わる。

◆すでに開発プログラムの80%が完了

エヴァイヤの開発プログラムは、量産前の最終段階に近づいている。すでに開発プログラムの80%が完了しているという。残りの20%で、乗り心地、ハンドリング、ステアリングフィールなど、洗練された走りにつながるさまざまな要素をブラッシュアップし、最終的にフルパワーを発揮できるようにすることを目指している。

ロータスのチーフ・プラットフォーム・エンジニアのルイス・カー氏は、「最新テクノロジーを応用して、最もパワー密度が高い自動車用パワートレインを開発した。ロータス以外では、F1マシンにしか使われていないテクノロジーも採用。英国へセル本社のテストコースの計測では、量産車史上最速タイムを記録している」と話す。

また、ロータスのチーフテストドライバーのギャヴァン・カーショー氏は、「エヴァイヤはF1マシンに匹敵する加速性能を備えているが、クローズドコクピットを採用しているため、グループCマシンに近いかもしれない。パワーとトルクが瞬時に得られる。エヴァイヤは物理の法則も打ち破れるのではないか。コーナー出口の加速フィールは、まさにロケット感覚」と語っている。

  • 森脇稔
  • ロータス・エヴァイヤ のプロトタイプ《photo by Lotus Cars》
  • ロータス・エヴァイヤ のプロトタイプ《photo by Lotus Cars》
  • ロータス・エヴァイヤ のプロトタイプ《photo by Lotus Cars》
  • ロータス・エヴァイヤ のプロトタイプ《photo by Lotus Cars》
  • ロータス・エヴァイヤ のプロトタイプ《photo by Lotus Cars》
  • ロータス・エヴァイヤ のプロトタイプ《photo by Lotus Cars》
  • ロータス・エヴァイヤ のプロトタイプ《photo by Lotus Cars》
  • ロータス・エヴァイヤ のプロトタイプ《photo by Lotus Cars》
  • ロータス・エヴァイヤ のプロトタイプ《photo by Lotus Cars》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ