ダイハツ、DNGA海外第2弾をインドネシアに投入…新型 ロッキー 発売

新車 レスポンス

ダイハツ工業のインドネシアの現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーター社(ADM)は4月30日、DNGA海外展開の第2弾として、新型コンパクトSUV『ロッキー』を発売した。

新型ロッキーは、2021年2月にマレーシアのプロドゥア社から発売した新型『アティバ』に続く、新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」による海外展開第2弾商品。アティバ同様、2019年に日本で発売したコンパクトSUV『ロッキー』をベースとしている。また、トヨタグループの新興国小型車事業の一環として、トヨタ自動車へ『ライズ』としてOEM供給を行うとともに、約50か国への輸出も予定。生産はダイハツブランド、トヨタブランドともにADMのカラワン車両工場にて行う。

新型ロッキーは、近年都市部を中心に2列シート車のニーズが高まる中、若年ファミリー層をメインターゲットとした購入しやすい価格の2列シートSUV。日本のロッキーと同じく、SUVらしいアクティブなデザインや、小回りの利くコンパクトなサイズ感と広い室内空間の両立を実現した他、インドネシアでダイハツが発売する商品としては初めて、予防安全装備「スマートアシスト(現地名:Advanced Safety Assist)」を導入し、高まる安全・安心への要望に応える。また1.0リットルターボエンジンとD-CVTを搭載し、優れた環境性能や走行性能を実現するとともに、今後1.2リットルエンジンも追加する計画だ。

価格は約2億1400万ルピアから2億3600万ルピア(約160万円〜約177万円)。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ダイハツ・ロッキー(インドネシア仕様)《写真提供 ダイハツ工業》
  • ダイハツ・ロッキー(インドネシア仕様)《写真提供 ダイハツ工業》
  • ダイハツ・ロッキー(インドネシア仕様)《写真提供 ダイハツ工業》
  • ダイハツ・ロッキー(インドネシア仕様)《写真提供 ダイハツ工業》
  • ダイハツ・ロッキー(インドネシア仕様)《写真提供 ダイハツ工業》
  • ダイハツ・ロッキー(インドネシア仕様)《写真提供 ダイハツ工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ