【Stay Home Books】開発責任者が記す、ホンダNSXは「なぜ」完成したか

モータースポーツ レスポンス

『ホンダNSX 特別限定版』

ホンダ初のミッドシップ・スポーツカー開発史

著者:NSX開発総責任者(LPL)上原繁

発行:三樹書房

定価:6600円

ISBN978-4-89522-748-3

ホンダ『NSX』誕生30周年記念として、既刊の『ホンダNSX ホンダ初のミッドシップ・スポーツカー開発史』をベースに製作した、コレクターズアイテム愛蔵版が300部限定で製作された。

専用の外箱には、NSXのルーツとなるNS-Xプロトタイプ(1989年)を表面に、2005年に投入されたNSX-R GTを裏面にカラーにて収録。表紙は特別愛蔵版専用の黒基調の装丁とされた。また特典として、NSXの開発総責任者(LPL)の上原繁氏による直筆サイン入りのカード(初期型NSXのカラー写真をレイアウト)が入っている。最終仕上げはすべてハンドメイドで行ない、製作番号No. 001〜300の検印が貼付されている。

そもそもNSXの開発は1984年1月に始まったCQ(高効率追求)プロジェクトにまで遡る。これまでのFFを超える優れたスペースユーティリティとハンドリング性能を持つ小型乗用車のためのリサーチプロジェクトだった。駆動方式はUMR(アンダーフロアー・ミッドシップ・リアドライブ)であった。そのプロトタイプの1台は『シティターボII』をベースにリアにエンジンを搭載するなどでテストを繰り返した。そこで様々な問題点に直面することで、一旦プロジェクトは中断するものの、その後のNSXの開発に結び付いていく。

こういった多くのエピソードは外部には伝わりにくいことが多く、それらを含めて一読の価値のある1冊である。

  • 内田俊一
  • 初代ホンダ NSXのスケッチ《写真提供 ホンダ》
  • 初代ホンダ NSX《写真提供 ホンダ》
  • 初代ホンダNSXのタイプS(1997年)《photo by Honda》
  • 『ホンダNSX 特別限定版』《発行:三樹書房》
  • 『ホンダNSX 特別限定版』《発行:三樹書房》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ