NTTデータ、交通環境情報ポータルサイトを一般公開…ビジネスマッチングを支援

テクノロジー レスポンス

NTTデータは4月30日、SIP第2期「自動運転(システムとサービスの拡張)」での地理系データの流通促進に関する取り組みとして2020年11月から試験運用で限定的に公開していた交通環境情報ポータルサイト「MD communet」を4月30日に一般公開したと発表した。

MD communetは、交通環境情報のニーズ・シーズのマッチングを促進する交通環境情報ポータルサイト。モビリティ分野の多種多様な交通環境情報の所有者と、それらのビジネス活用を目指す利用者のコミュニケーションの場として提供する。これによって双方による新たなビジネス創出、ビジネスマッチングを支援する。一般公開することで、より多くの企業・団体での利用が可能となる。

情報閲覧や機能・サービスの利用には会員登録が必要。

NTTデータは今後、交通環境情報を多くの分野で活用できる機会を増やし、更なる魅力的なユースケースを生み出していく。また、サービスを創出する上で必要となるテクニカルサポートを始めとするビジネスマッチング後の支援も行っていく。

SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)を推進する内閣府は、多分野の事業者が保有するモビリティに関連する情報の整理・構造化を通じて、産学官が連携して地理系データに関する自動運転分野のアーキテクチャを構築することで、交通環境情報を始めとするデータの連携、流通を促進し、社会課題解決、新たなサービス・価値の創出に向けて取り組んでいる。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ