フェラーリ世界販売、日本は5年ぶりに減少 2021年第1四半期

業界 レスポンス

フェラーリ(Ferrari)は5月4日、2021年第1四半期(1〜3月)の世界新車販売(出荷ベース)の結果を発表した。総販売台数は2771台。前年同期比は1.2%増と、プラスを維持している。

車種別の販売実績では、V型8気筒エンジン搭載車が牽引した。V型8気筒エンジン搭載車は第1四半期、前年同期比8.1%増とプラスを保った。フェラーリによると、『F8トリブート』と『F8スパイダー』の納車が順調に進んだためだという。

一方、V型12気筒エンジン搭載車は第1四半期、前年同期比19.6%減とマイナスに転じた。販売の主力は『812GTS』。フェラーリによると、『モンツァSP1』と『モンツァSP2』の納車も計画通り進んでいるという。

市場別の第1四半期の販売実績では、欧州や中東、アフリカが、前年同期比4%減の1459台とマイナスに転じた。南北アメリカは、前年同期比1%増の755台とプラスを維持した。中国(香港と台湾を含む)は、前年同期の約5.2倍の194台と回復。中国を除いたアジア太平洋地域は、前年同期比17%減の363台とマイナスに転じた。

また、日本は第1四半期、268台を販売した。前年同期比は13%減と、2016年以来、5年ぶりに前年実績を下回っている。

  • 森脇稔
  • フェラーリ F8トリブート《photo by Ferrari》
  • フェラーリ 812 GTS《photo by Ferrari》
  • フェラーリ・モンツァ SP2 とモンツァ SP1《photo by Ferrari》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ